ティグリナ

ナスの育て方.com

ティグリナ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ティグリナ C)ミセスリビング

 

 

ティグリナ(Tigrina)は、イタリア原産のイタリアなすで、
Hortus社より販売されています。

 

ティグリナは、「ゼブラなす」の一つであり、ゼブラ、カプリス、
フェアリー・テイルなどと同じく、とても人気があります。
ティグリナの特徴をご紹介します。

 

 

[ティグリナ]

 

 

■ティグリナの特徴

 

・ゼブラ柄
いくつかあるゼブラなすの中では、一番白い部分の少ない品種です。
くっきり白い縞模様の入るフェアリー・テイルと比べると、
ティグリナの模様は若干まだら模様です。

 

・千両ナスと長ナスの中間の大きさ
日本のナスで比較すると、ティグリナのサイズは、
千両ナスと長ナスのちょうと中間くらいの大きさで、
収穫適期サイズは約22~24センチです。

 

・調理方法
イタリアなすなので、生食には向かず、加熱調理に適しています。
他のゼブラなすと比べて色が薄いので、
加熱しすぎると、その模様が分からなくなってしまいます。

 

日本の焼きナスなどのナス料理にも適していますが、
やはりイタリア料理に良く合います。

 

パスタソースや、カポナータ、トマト煮など、
洋風アレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

・ギリシャで人気
ティグリナはイタリアを原産とするイタリアなすの一つですが、
ギリシャにとても人気があるようです。

 

ギリシャのレオニディオ(Leonidio)では毎年8月に、
「Tsakonian Eggplant Featival」が行われています。

 

Tsakonianとは、ツァコニアというその地域の言語のことで、
Eggplant Feativalは、直訳するとナス祭りになります。

 

ヨーロッパ中からたくさんのシェフが集まり、
ティグリナなどのなすを使った料理が振舞われるイベントです。

 

・入手方法
ティグリナの種は、Hortus(ホルトゥス)社から販売されています。
なす以外にもたくさんの野菜の種苗を取り扱っているイタリアの会社です。

 

日本では、ミセスリビング(Mrs Living)さんにて購入することができます。

 

ティグリナ以外の珍しいイタリア野菜の種も販売しているので、
ぜひ、一度見てみてください。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス栽培Q&A

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。