ナス 実がおかしい

ナスの育て方.com

ナス 実がおかしい

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


nasu003

ナスの実の様子がおかしいのことには理由があります

 

 

ナスの実をいざ収穫してみると、表面の皮に斑点ができていたり、
傷のようになっていたり、色が薄かったり、赤い実がなったりと、
様々なトラブルが起こることがあります。

 

症状によって原因が違い、
中にはその後の生育に影響するものもあるためチェックしておきましょう。

 

 

[ナスの実がおかしい]

 

 

■色が薄い

 

ナスの実の色といえば、黒に近いようなとても濃い紫色です。
最近では、皮が白や黄緑色の品種もあり、濃い紫色ではないことがあります。

 

ところが、濃い紫色になるはずのナスが、薄い紫色になることがあります。
これは日照不足が主な原因です。

 

ナスは太陽の光を浴び、その結果としてあの濃い色になるのです。
日照不足は色を薄くするだけでなく、株を徐々に弱めることもあるので、
できるだけ早期に改善しておきます。

 

 

nasu010

色ツヤがないと、美味しそうに見えませんね

 

 

■表面にツヤがない

 

ナスの表面は、本来つるっとしていて、つやつやと輝いているものです。
ところが、表面にツヤがなく、張りがない実ができることがあります。

 

これは「ぼけナス」と呼ばれるもので、水分不足によって起こる症状です。
ヘタの周辺から症状が出ますが、ひどいものになると、
実全体のツヤがなくなってしまいます。

 

土が乾きすぎないように、株元にワラなどを敷くと、
土が高温になって水分が蒸散するのを防ぐことができます。

 

 

nasu005

ホコリダニの被害のようです

 

 

■実に傷がある

 

実の表面に、裂けたような傷や、丸い傷などがつくことがあります。
これはたいていが害虫の仕業なので、見つけたら株全体をよく調べます。

 

サビが出たような状態や裂けたような傷が出た場合は、ホコリダニが原因です。
赤い色をしているため、小さくても発見しやすいです。

 

丸い傷や、穴があいたようになっているものは、
ヨトウムシなどの幼虫が食害している可能性が高いです。

 

ヨトウムシは明るいうちはあまり見かけず、
夕方以降に暗くなる頃から活動を始めます。
実や葉、茎の周辺に糞が見つかれば、確実にどこかにはいます。

 

昼間に見つけることができなくても、
夕方以降に調べてみると、見つけられることがあります。

 

 

nijyuyahositento

ニジュウヤホシテントウ

 

 

表面にガタガタとした長い傷がついている時は、
ニジュウヤホシテントウが原因です。

 

成虫、幼虫ともに葉や実を食害するため、とても厄介です。
専用の薬事を使って防除することもできますが、
できるだけ薬を使いたくない場合は、見つけ次第捕殺するようにしましょう。

 

■実に茶色い斑点がある

 

ナスの実の表面に、茶色や少し黄色っぽい斑点ができることがあります。
斑点の形はキレイな円ではなく、変形した楕円であることが多いです。

 

こういった症状が出る場合は、病気にかかっている可能性が高いです。
実の表面に病斑ができる病気は意外と多いですが、
病気のサインとしては分かりやすいため、見つけたらすぐに対処します。
炭そ病褐紋病疫病などが該当の病気です。

 

 

akanasu

台木に使う赤ナス

 

 

■赤い実がなった

 

本来であれば、濃い紫色の実がつくはずなのに、赤い実がなることがあります。
これは接ぎ木苗を育てていると、時々起こります。

 

接ぎ木苗は、病気に強い台木に、ナスなどの実をつける穂木を接いで作りますが、
その台木の方が育ってしまい、実をつけた状態です。

 

台木と穂木を接いである部分や、
その下から出てくる芽は台木が伸びているものなので、

見つけたら、すぐに摘み取るようにします。

 

そのままにしておくと、台木から伸びた芽にばかり養分が集中し、
肝心の穂木の実が育たなくなります。

 

台木の芽かどうかは、葉を見れば一目瞭然です。
卵型の葉である穂木に対し、台木としてよく使われる赤ナスの葉は、
縁がギザギザしています。

 

 

■実にカビのようなものが生えた

 

実の表面に、白っぽい色や灰色のカビのようなものが発生していたら、
何かの病気にかかっています。

 

灰色かび病綿疫病疫病などにかかると、このような症状が出ます。
薬剤で防除できる病気もありますが、かかると株ごと処分が必要な病気もあるため、
できるだけ病気のかかりやすい環境を作らないようにします。

 

 

■実がぶよぶよしている

 

表面のツヤがなく、触るとぶよぶよとしている場合は、
軟腐病にかかっている可能性があります。

 

軟腐病は、花や茎、実がぶよぶよと柔らかくなり、腐ったようになっていく病気です。
連作、排水不良、風通しの悪さによって、発生する確率が上がります。

 

 

nasu002

低温かホルモンバランスが悪い変形ナス

 

 

■実の形が変形している

 

普通サイズのナスに小さなナスがくっついたようになっていたり、
いくつものナスが1つのヘタから育っていたりと、
少し普通とは違い形のナスがとれることがあります。

 

これは受粉時の気温が低かったり、ホルモンバランスが悪いと起こる症状です。
見つけ次第、株ごと引き抜いて処分するようなものではありませんが、
今後の生育には十分注意が必要です。

 

気温が低い場合は防寒が必要になりますし、
ホルモンバランスの乱れは肥料の与えすぎの可能性があります。

 

また、変形したものの中には、傷があるものもあります。
ナスは表面に傷ができると、その部分の皮がうまく伸びず、変形することがあります。

 

傷は風によって、枝などにすれてできる場合もありますが、
害虫に食害されてできることもありますので、注意しましょう。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス わき芽かき 摘芯



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。