ナス 梅雨対策

ナスの育て方.com

ナス 梅雨対策は?

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


nasu2

梅雨に入っても元気に開花し、実をつけるナス

 

 

ナスを定植して、やっと根付いて育ち始め着果したりする頃、
ちょうど梅雨の時期にさしかかります。

 

ナスは水を好む野菜ですが、雨の日が続くと湿気が高くなり、
病気にかかりやすくなったり、日照不足になることもあります。

 

じめじめとした梅雨を乗り切って、
たくさんの実を収穫するための秘訣をご紹介します。

 

 

[ナス 梅雨対策は?]

 

 

■降雨時に作業をしない

 

雨が降っている時に、実の収穫や整枝、わき芽かきなどの作業をすると、
作業によってできた傷口から菌が入りやすくなってしまいます。

 

また、傷口がいつまでも乾かないので、
そこから枯れこんだり腐敗したりする原因にもなります。

 

できれば作業は晴れた日の午前中に行い、
午後には傷口が乾いているようにしておくと安心です。

 

 

■風通しを良くする

 

雨が降らなくても、梅雨の間は湿度が高くなりやすくなります。
湿度の高い時に、枝と枝と近かったり、
葉が重なったりしていると風通しが悪くなります。

 

風通しが悪くなれば、そこが病原菌の繁殖場所になったり、
害虫の巣窟になりやすいです。

 

また、株の内部を目視しにくくなるので、変化に気づきにくくなります。

 

風通しが悪いということは、
株の中心への日当たりが悪くなっている可能性があります。

 

梅雨は天気の悪い日が続きやすく、雨や曇りの日が続くと、
太陽の光が大好きなナスは弱って元気を失いやすいです。

 

晴れた時には、株の中心までいっぱいの光を入れられるよう、
風通しを、じゅうぶん良くしておきましょう。

 

 

nasu

マークの150㎝の支柱で2本仕立てにしたら、風通しが良く着果が良いです

 

 

■余分な葉を取り除く

 

雨続きで日照不足になったり、少し調子を崩したりすると、
ナスの葉や花が黄変して落ちるようになります。

 

落葉してしまうのも心配なのですが、
この落ちた葉をそのままにしておくのも良くありません。

 

落ちた葉が、別の健康な葉の上に落ちたり、
株元にくっつくようにして落ちてしまうことがあります。

 

枯れた葉が重なった健康な葉は、重なった部分が陰となってしまい、
光を受けることができなくなります。

 

また、湿気や水分が溜まりやすくなり、そこから傷みやすいです。
株元に落ちた場合も同様に、その部分の風通しが悪くなることで、
病気にかかる可能性が高くなります。

 

落葉した原因が病気なら、落ちた葉は病原菌の温床となります。
そのような葉がついた状態だと、近くの葉や株元から感染しやすいです。

 

落葉した葉や花があったら、すぐに取り除いて処分しておきましょう。

 

また、雨によって土が跳ね返って葉の裏に泥がつくと、
そこから菌が侵入することもあります。

 

黒ビニールのマルチなどをしている場合は、泥跳ねを予防できますが、
何もしていない場合は泥跳ねの注意が必要です。

 

地際から2節くらいまでの葉を摘んであげることで、
跳ねた土が葉の裏につくのを防ぐことができます。

 

株元にワラなどのマルチを敷くことで、泥跳ねを予防することもできます。
植え付け時にマルチをしなくても、ワラなら後から覆うことができるので便利です。

 

 

■思わぬ水切れに注意する

 

梅雨は湿気が高く、雨が続くイメージがありますが、
意外と雨が降らず空梅雨ということもあります。

 

曇ってはいるけれど、実際には雨がほとんど降っていなかったり、
降ってもぱらぱらと短時間降っただけでは、土は潤いません。

 

天気が悪くても、実際に雨が降らなければ、水を与えていないのと同じです。
地植えでも何日も雨が降らず水を与えていなければ、土が乾いてしまいます。

 

特に鉢やプランターなどは、土の量も限られている上に、
軒下やベランダなど、雨の当たらない場所で管理していることもあります。

 

また、ナスの葉は大きく、容器栽培の容器に雨が降りこまないことも多いです。
容器の表土の様子をチェックすると水切れを予防できます。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。