ナス 花が咲かない

ナスの育て方.com

ナス 花が咲かない

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


nasu032
ナスの花が咲きません。原因と対策は?

 

 

ナスの花が咲かない症状には、さまざまな原因があります。
日照不足、水不足、肥料不足、気温が低い、気温が高すぎる、

株が疲れた、などの原因と対策をご紹介します。

 

原因と対策が分かれば、また花を見ることができますね♪

 

 

[ナス 花が咲かない]

 

 

■日照不足

 

ナスはとても太陽の光が好きな野菜です。
日当たりが悪くなると、株全体の生育が悪くなり、
同時に株が充実しないために、花芽が作られにくくなります。

 

日当たりが良い場所だと思っていても、実際は壁や物の陰になり、
考えているより日照時間が短い場合があります。

 

地植えの場合は、移植が難しいので、植え付け場所はよく吟味します。
ナスを鉢やプランターで育てている場合は、
できるだけ日当たりの良い場所に移動させましょう。

 

表面的には日当たりがよくても、株の内部に光が入っていない場合も、
日照不足になり、生長が滞り開花しにくいです。

 

ナスの葉は、株の調子がよければとても大きくなります。
自分の葉で日陰を作っていることもあるため、不要な葉は摘み取ります。

 

葉の数を適度に減らすことで、株の内部にまで光が入るようになり、
同時に風通しも良くなり、株の生長を助けます。

 

 

■水不足

 

ナスは高温を好む野菜のため、育てるには気温が高い状態を必要とします。
気温が高いと、どうしても土が乾燥しやすくなり、
株や実を生長させるために、ナス自身が吸い上げる水の量も多いです。

 

同じように夏野菜として育てられることの多い、
トマトやピーマンなどは、意外と乾燥に強かったり、
吸い上げる水分量が多くありませんが、ナスは水分を多く欲します。

 

必要以上に水を与えるのも良くありませんが、
水分を適度に与えないと、花芽を形成できず蕾も落ちやすいです。

 

ナスを植えている場所の土の状態をよくチェックし、乾いていたら、水を与えます。
水を与える時は、表面を湿らせるような少量の水やりではなく、
土の奥深くまでしっかり水が染み込むようにたっぷりと与えます。

 

容器栽培の場合は、容器の底から余分な水が出てくるまで与えるのが目安です。

 

 

nasu57

肥料が不足していると花の色も薄くなります

 

 

■肥料不足

 

最初は勢いのあった株も、途中で肥料が切れてしまうと、
花を咲かせなくなったり、蕾を落としたりします。

 

ナスの肥料が足りているかどうかは、花を見るとよく分かります。
花の中心にある雌しべ(柱頭)が、雄しべよりも飛び出ているようであれば、
肥料が足りています。

 

反対に、雄しべよりも雌しべが短い場合は、肥料が不足しているので、
追肥の間隔を短くするか、追肥の時の肥料の量を増やすようにします。

 

一時的な肥料切れであれば、
即効性のある液体肥料を与えて様子を見ても良いでしょう。

 

 

nasunohana

肥料が適切だと、雌しべ(柱頭)が、雄しべよりも飛び出ています

 

 

■気温が低い

 

ナスは高温を好む植物です。
気温が15度前後では、ナスには気温が低すぎて、
花が咲いても花粉が出ないなどの症状が出ることがあります。

 

正常な花を咲かせ、きちんと結実させるためには、
20度以上の気温が必要といわれています。

 

気温が低くなりそうな時は、ホットキャップをかぶせたり、
トンネル栽培を取り入れるなどして、防寒対策をしておきます。

 

 

■気温が高すぎる

 

ナスが高温を好むといっても、35度を超える日が続けば、
ナスも生長が止まったり、花を咲かせなくなります。

 

これは生理的なものなので、病気や不具合というわけではありません。
涼しい環境を作ってあげれば良いのですが、
日よけをすると日照不足になることがあるため、あまりお勧めはできません。

 

真夏はどうしても気温が高くなることが多いため、
月末~8月初めであれば、更新剪定してリフレッシュさせ、
秋ナスを楽しむという方法もあります。

 

 

nasu34

着果させすぎのナス

 

 

■株が疲れた

 

6月中旬くらいから、多くの実をつけた株は、
後半に疲れてしまい、花をつける元気がなくなります。

 

ナスの花が咲いただけ結実させるよりは、
ある程度、着果をコントロールしてあげると、株が疲れにくくなります。

 

また、着果した実を、大きくなるまでじっくりと育てると、
実を大きくするめに養分を多く使うため、とても疲れてしまいます。

 

ナスはやや若どりくらいが、実も皮も柔らかくておいしいですし、
株も疲れにくく総収量が多くなるので、採り遅れないようにします。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 水やりのコツ
・ナス 発芽しない



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。