ぼうや茄子

ナスの育て方.com

ぼうや茄子

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


ぼうや茄子

 

 

ぼうや茄子は、ナスではなかなか珍しい小ナス(ミニナス)の品種です。

 

ミニトマトやミニキュウリ、ミニカボチャなど、
いろいろなミニサイズの野菜が人気がありますが、
まだ、小ナスは品種数もそれほど多くはありません。

 

小林種苗より販売されているぼうや茄子は、水ナス、米ナスの一種であり、
たっぷり水分を含み、とてもジューシーで食べやすく、おいしいナスです。

 

ぼうや茄子の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

■ぼうや茄子の特徴

 

・とても小さいミニナス
果実の大きさは約5~8センチほど、重さも60~80グラムほどしかありません。
ナスはとても大きく育つ大長ナスなども有名ですが、
大長ナスですと、大きいもので、50センチを超えるものまであります。

ぼうや茄子と大長ナスを並べて比較すると、とても同じ野菜には思えません。

 

・水ナスであり、米ナス
ぼうや茄子は、水ナスであり、米ナスでもあります。

とても水分を多く含み、漬物に適した品種ですが、
ヘタやガクは緑色で、米ナスの特徴をもっています。

 

・栽培管理が容易
房成性でよくなり、側枝の発生も良く、とても育てやすい品種です。

 

また、葉やガクにトゲのない品種なので、従来のナスよりも扱いやすく、
摘葉や摘芯、収穫といったさまざまな管理作業が行いやすいです。

 

トゲがないため、果実同士が触れ合っても、果皮を傷つける心配もなく、
ツヤがあり、とても綺麗な子ナスを収穫することができます。

 

 

 

 

■ぼうや茄子の栽培のコツ

 

・幅広い作型に適応している
露地栽培はもちろんのこと、ハウス栽培も可能です。

 

・収穫の注意点
ぼうや茄子はとても育てやすい品種なので、収穫までの管理はとても容易ですが、
収穫が遅れると食味が大きく落ちるので、収穫時期に一番気をつけてください。

 

収穫まではしっかり追肥と水を与え、色ツヤを良くし、
連続的に収穫できるように株の草勢を安定させます。

 

収穫適期は約5~8センチですが、あっという間に大きくなってしまい、
皮・果肉が硬くなってしまいます。

 

できるだけ早どりを心がけ、おいしいぼうや茄子を収穫するようにしましょう。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。