トンダ・ビアンカ

ナスの育て方.com

トンダ・ビアンカ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


トンダ・ビアンカ  C)natural-harvest

 

 

トンダ・ビアンカは、イタリア原産の白い丸ナスです。
トンダ(Tonda)は丸い、ビアンカ(Bianca)は白いという意味があり、
見た目通りの名前がつけられています。

 

トンダ・ビアンカは品種名というよりは、
「丸ナス」などのナスのタイプを指す名前のようです。

 

イタリアなどの海外の種苗店からは、
同じトンダ・ビアンカの違う品種が販売されています。

 

 

[トンダ・ビアンカ]

 

 

■トンダ・ビアンカの特徴

 

・日本の白丸ナスとの違い
日本にも白丸ナスの品種はいくつかあります。
「とろ~りなすび」や「白丸茄子」などがその代表例ですが、
これらは、イタリアの白丸ナスとは違い、緑色の強いナスです。

 

対するトンダ・ビアンカは、白+紫色が強いナスなので、
比較すると随分見た目に差があります。

 

トンダ・ビアンカのような白に近い丸ナスを購入したい場合は、
日本の品種ではなく、イタリア原産の品種を選ぶと良いです。

 

・品種によってさまざま
白ナスで有名なのは、FRANCHI社のトンダ・ビアンカで、紫がかった白丸ナスです。

 

品種によっては真っ白い丸ナスもあれば、
縞模様、まだら模様が入るものもあり、皮の色も若干異なります。

 

しかしどれも白丸ナスなので、その特徴は似ています。
約8センチ×10センチのコロッとした丸みのあるラウンド型と呼ばれる形で、
やや皮は硬く、甘みが強くとろける食感が楽しめます。

 

 

 

 

・調理方法
イタリアなすなので、加熱調理が一般的です。
皮が少し硬いので、料理によっては、皮を剥いて調理すると良いです。

 

ゼブラなすなどと違って、皮が色鮮やかではないので、
剥いてしまってもあまり見た目は変わりません。

 

・入手方法
FRANCHI社のトンダ・ビアンカの他、フマタ・ディ・ロサなどの種であれば、
日本でも簡単に入手することができます。

 

栽培も容易で、一般的なナス栽培と同様に育てることができるので、
見た目も楽しく、家庭菜園にとてもおすすめです。

 

また、近年流行しているベジタブル・ガーデンにも人気があります。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。