ナス・ニューヨーク

ナスの育て方.com

ナス・ニューヨーク

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


ナス・ニューヨーク C)HORTUS社

 

 

ナス・ニューヨークは、

ニューヨークと地名が入っているものの、イタリアナスの品種です。

 

ブラックビューティーという米ナスの品種もまた、

アメリカに起源のあるナスですが、原産国はイタリアです。

 

 

ブラックビューティー

 

 

このナス・ニューヨークも、同じように、

イタリアでつくられた米ナスタイプのナスです。

 

販売しているのは、イタリアのHORTUS社で、

正式な名前は、Violetta di New Yorkです。

 

 

■ナス・ニューヨークの特徴

 

・果実
高さ約10~12センチの卵型をした小さめのナスで、

ヘタが緑色をしています。

このヘタな緑色のナスは、日本の米ナスと同じで、

イタリアでは非常にポピュラーです。

果実はツヤがあるダークパープルで、果肉にほとんど種が入りません。

 

・調理法
ナス・ニューヨークはとても甘いナスで、

パスタやグリル、さまざまな料理に使われます。

 

本場のイタリア料理店でも人気の品種で、

オリーブオイルとの相性は抜群です。
MOCO'Sキッチンのレシピとの相性が良さそうです。

 

 

味噌田楽もおいしいです

 

 

■ナス・ニューヨークの栽培のコツ

 

・種まき
種まきの適期は2月中旬~3月中旬です。
育苗ポットに3~4粒まき、間引きして、1本を残します。

 

発芽までは、強い日差しや雨、

風に注意し、過保護に育てると良いです。

乾燥には弱いので、水やりを怠らないようにしましょう。

 

・植え付け
植え付けの適期は5月です。

本葉が7~8枚になったら株間50センチ、

畝間150センチを目安に植え付けます。
植え付けと同時に支柱を立て、誘引しながら育てていきます。

定植後、約70~80日で収穫です。

 

・収穫
収穫の適期は、7月頃です。
実を良くならせるため、一番花は切り落とし、

下の脇芽を3つ残して全て摘み取ります。

 

また、収穫はじめの1~3つくらいの果実は、

出来るだけ小さい内に若どりして、株に負担がかからないようにします。

こうすることで、その後の実が充実し、

たくさんの実を収穫することができます。

 

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。