ホワイトベル

ナスの育て方.com

ホワイトベル

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ホワイトベル

 

 

ホワイトベルは、真っ白なナスで、ヘタは緑色をしています。
イタリアを原産とする西洋品種で、日本でも人気があります。
ホワイトベルの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[ホワイトベル]

 

 

■ホワイトベルの特徴

 

・白い果実の秘密
茄子紺という表現があるように、
日本では紺に近い黒っぽい紫色をしているナスが一般的ですが、
イタリアなすの色は緑色、薄紫色、白色とさまざまです。

 

ホワイトベルなどの真っ白いナスは、
「ナスニン」と呼ばれるアントシアニン色素が含まれていません。

 

ナスニンは、ポニフェノールの一種で、抗酸化作用が期待できるため、
近年アンチエイジングにも有効とされています。

 

しかし、ホワイトベルなどの白ナスはナスニンが含まれていないため、
紫外線から身を守る術がありません。
そのために、白ナスは皮が一般的なナスに比べ若干厚く、硬くなっています。

 

食べるときに、皮が厚いのはマイナスにとらえられますが、
その分、水分保水力が高く、みずみずしい果肉になるため、
白ナスもとてもおいしく食べることができます。

 

・調理方法
白ナスは変色しやすいので、
切ったらすぐに塩水につけておくと綺麗な仕上がりになります。
また、素揚げしてから調理すると、より白さが際立ちます。

 

グラタンやパスタの他、カレーや、クリームシチュー、
トマト煮、クリーム煮などの料理に適しています。
そのままソテーして、ナスのステーキとして食べても満足感があります。

 

・収穫適期サイズ
直径約9センチ、長さ約12センチほどが収穫適期サイズです。

 

・入手方法
ホワイトベルは、国内でも入手しやすいイタリアなすです。
種子として販売されているものだけでなく、
吉谷農芸 楽天市場店さんでは接木苗の販売もあります。

 

種まきの適期は2月~5月で、発芽までに1~2週間かかります。
発芽適温が20~30度とやや高めなので、
しっかりと気温が暖かくなってから育て始めるのがベストです。
2月などまだ寒い時期に栽培を始める場合は、ハウスでの育苗が必要です。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。