リトルフィンガー

ナスの育て方.com

リトルフィンガー

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


リトルフィンガー

 

 

リトルフィンガーは、固定種に属するナスの品種です。
リトルフィンガー(little finger)は、直訳すると「小指」という意味です。

小指のように小さい小ナスの品種なので、

定植から収穫までの日数も短く、たくさん収穫することができます。

 

 

■リトルフィンガーの特徴

 

・インド原産の小ナス
リトルフィンガーは、米ナス同様、

ヘタは緑色で日本のナスと比べると果実の色が薄く、紫色をしています。

 

細身の果実が房なりにたくさんなり、豊産種としても人気があります。

栽培方法は一般的なナス栽培と変わりません。

 

花がたくさんつき、非常に育てやすいので、家庭菜園初心者の方にもおすすめです。

 

また、小ナスタイプなので、栽培に必要とするスペースも少なく済み、

広い畑がなくとも栽培できるのは魅力です。

 

・収穫適期サイズと注意点
収穫適期サイズは、小指ほどの大きさになった頃です。

大人の小指の平均サイズを調べてみたところ、

だいたい6センチ前後ということが分かりました。

 

リトルフィンガーの収穫適期サイズを見ても、

大きくても10センチに満たないくらいでの収穫がおすすめされているので、

6~10センチくらいでの収穫が望ましいです。

 

固定種のため、あまり情報量が多いとは言えない品種ですが、

リトルフィンガーを栽培している方のブログなどを見てみると、

大きく収穫してしまっての失敗が多いようです。

 

一般的なナスよりやや小ぶり程度、

10~15センチくらいの大きさまで育ってから収穫すると、

皮が固く、アクの強い苦味のある味になってしまいます。

 

リトルフィンガーは上手に育てれば、

非常に甘みのある品種で柔らかく、食べやすい品種なので、

小指ほどのサイズ(約6~10センチ)を守り、収穫適期で収穫することをおすすめします。

 

・食べ方
生食でも加熱調理でもおいしく食べられます。
小さいサイズでかわいらしいので、そのまま1本漬けもおすすめです。
また、少量で使いやすいので、お味噌汁や副菜の1品としてもおすすめの品種です。

 

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

«  | ホーム |  »
AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。