紫宝茄子

ナスの育て方.com

紫宝茄子

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


紫宝茄子

 

 

紫宝茄子は、山陽種苗株式会社のナスの品種です。

 

この品種は、いわゆる”ジャンボナス”と呼ばれるナスで、
その重さは、約350~500グラム超となります。

 

非常に大きく、ずっしりとしたナスで大迫力なナスですが、
果実はとてもやわらかくて、みずみずしさを感じます。

 

紫宝茄子の特徴と栽培のコツについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

■紫宝茄子の特徴

 

・とっても大きいジャンボナス
紫宝茄子の重さは、500グラムを超えることもあります。
一般的なナスの重さは、1つあたり約100グラムほどですので、
ナス5個分くらいの大きさです。

 

ナスの種類の中でも比較的大きい米ナスや丸ナス、
大長ナスでも、500グラムを超えるものはほんの一握りです。

 

 

 

 

・食味
大きいナス=味が劣ると感じる人もいると思いますが、
紫宝茄子の肉質は緻密で、とても甘味の強い品種です。

 

やわらかく、みずみずしいので、加熱すれば、
ジューシーな食感が味わえます。

 

漬物にはやや適しませんが、加熱調理だけを見れば、
大きく食べ応えもあり、非常におすすめです。

 

1つでボリューミーで、いろいろな料理に使えるので、
おすそ分けにも喜ばれます。

 

また、色ツヤが良く、大きい果実が目を引くので、
直売所などでの販売にも適したナスです。

 

上手にとれた自慢のナスを直売所で販売するのも、
新たな家庭菜園の楽しみになりますね。

 

 

 

 

■紫宝茄子の栽培のコツ

 

・種まきと定植の適期
露地栽培での種まきの適期は、3月下旬以降です。
また、定植は5月中旬以降が理想です。

 

早まきしすぎたり、定植時に充分地温を保てないと、
奇形果が出やすく、充分に果実が大きくなりません。

充分に暖かくなってからを目安に、種をまきましょう。

 

・栽培の注意点
紫宝茄子はジャンボナスですが、栽培は容易です。
しかし、果実が大きい分、水やりや肥料切れといった、
栽培トラブルが大きく生育に影響します。

 

開花時期くらいの水切れ、収穫はじめからの肥料切れ、
この2つには、とくに注意して栽培してください。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。