縞むらさき

ナスの育て方.com

縞むらさき

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


縞むらさき

 

 

縞むらさきは、紫色の地に薄い白っぽい紫色の縦縞が入る珍しいナスです。
この品種は一代交配でつくられたもので、ゼブラなすと呼ばれる種類のナスです。

 

ゼブラなすは、イタリアを原産とするナスに多いタイプで、
カプリスやフェアリー・テイルなどの品種が有名です。

 

生食には向きませんが、油との相性がとても良く、
天ぷらやフリッター、素揚げなどにおすすめです。

 

■縞むらさきの特徴

 

・長卵型にゼブラ模様
縞むらさきは、果実の大きさは約200グラムほどで、長卵型をしています。

ヘタは、アメリカ、イタリアを原産とするナスと同じく緑色をしていて、
果実も日本の一般的なナスと比べ、色が薄い紫色をしています。

 

日本のナスは黒に近い紫色ですが、
縞むらさきの果実の色は、やや赤みのある紫色です。

 

美しい縞模様が入るのが最大の特徴で、
なかなかスーパーでは見かけない珍しい品種です。

 

・油を吸いやすい
肉質は緻密で、火を通すと、トロけるようななめらかな食感が味わえます。
和食ならば素揚げや、天ぷら。
洋食ならば、フリッターやオーブン料理に適しています。

 

見た目が鮮やかなので、黒紫色のナスよりも、食卓を華やかに彩ってくれます。

 

・秀品率が高い
草姿は半立性で、草勢も良く、着果性に優れています。
とても美味、スーパーではなかなか買えないナスのため、根強い人気があります。

 

 

■縞むらさきの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
トンネル栽培または露地栽培に適しています。

 

トンネル栽培の場合、1月中旬に種まきし、4月上旬に定植し、
5月中旬過ぎから9月末まで収穫することができます。

 

露地栽培の場合は、2月~3月下旬まで種まきができ、
種まきに合わせて4月下旬~5月末に定植させ、
早まきした場合は6月頃から秋口まで収穫することができます。

 

・注意点
初期から着果性に優れているので、肥料切れに注意しながら栽培します。
また、とり遅れは草勢低下の原因になるため、早め早めの収穫を心がけます。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 品種

«  | ホーム |  »
AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。