ナス 育て方

ナスの育て方.com

丸ナス 更新剪定にチャレンジ!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■丸ナス 更新剪定にチャレンジ!

 

地植えで育てた丸ナスは、ほぼ失敗に終わってしまいました。
普通のナスより、生育が遅く、難しい印象です。

 

地植えの土が丸ナスと相性が悪いのかな? と思い、
鉢に植えた丸ナスは順調に生育しましたが、想像より茂りませんでした。

 

 

kousinsentei2016-23
丸ナス

 

 

生育が遅いのか、まだまだ伸びそうです。
葉の色が薄いのは、肥料不足だと思います。

 

これから秋ナスを収穫するに向けて、
更新剪定をしてみることにしました。

 

時期としては、とても遅いです。

 

植え付けが5月上旬なら、更新剪定は8月上旬が適期です。

 

暑い環境が好きなナスとはいえ、バテてしまいますので、
一旦切り戻して、また美味しいナスが収穫できるようにします。

 

苗から、秋ナスとして育てるなら、6月下旬頃に植えつけていれば
更新剪定をしなくても、収穫ができます。

 

今回のこのナスは、植え付け自体が遅かったので、
更新剪定も遅くて大丈夫かな? と思いました。
また、更新剪定自体も、軽く切る程度で大丈夫だと思います。

 

ということで、少し思い切って、剪定します。
そこまで生い茂っていないですが、切ってしまいましょう!

 

 

kousinsentei2016-24

剪定後 8月28日

 

 

日の当たりもあって、葉の色が更に薄いです。
剪定は、ちょこちょこっと切ったくらいです。

 

更新剪定後、株元から離れた位置にスコップなどを入れて、根を切ります。
根を切ったあとは、化成肥料、または液肥を与えて終了です。

 

今回は液肥を使うことにしました。
肥料が足りていないことから、少し葉の色が薄いので、多めに与えました。

 

日に日に葉の色が薄くなっていくので、不安になってきました。
追肥は行ったのですが、量が少なかったのかもしれません。

 

プランター、鉢で育てる場合は、土1L当たり肥料1gが目安です。
追肥が少ないと、この丸ナスのような感じになります。

 

どのくらい土が入るか分からない場合、
素直に液肥に切り替えたほうがよさそうです。

 

液肥に切り替えて、もう少し回数も増やして様子を見ます。
丸ナス、難しいです……。

 

千両二号のほうが、育てやすかったかな、と思い始めています。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス 栽培記録

ナス 更新剪定

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


nasu010 (2)

暑さが大好きなナスの株も、夏の盛りになると、バテてきます

 

 

バテて体力がなくなると、それまで順調に実をつけていたナスも、
花をつけなくなったり、開花しても受粉不良などで実が育たなくなってきます。

 

ナスの更新剪定を行い、同時に根切り追肥をすることで、
実のなりにくい真夏の時期に、株を休ませリフレッシュさせます。

 

夏の間に休み、体力を取り戻したナスは、涼しくなってきた頃から、
また花を咲かせ実を付け始め、美味な秋ナスを楽しむことができます。

 

では、ナスの更新剪定の方法を図版と画像でご紹介します。

 

 

■ナス 更新剪定

 

5月頃に植え付けたナスの苗は、早ければ6月頃から収穫が始まります。
次々と収穫していくと、暑さが本格的になってきた頃、生育が衰えてきます。

 

だいたい7月下旬~8月上旬くらいが、更新剪定の適期です。
時期が遅れると、収穫を再開できる時期も遅れるため、
結果として収穫できる数が減ってしまいます。

 

できれば適期内に剪定を終えた方が、時間を無駄にせずに済みます。

 

通常の整枝と更新剪定と何が違うかというと、
更新剪定では、すべての枝を短く切る点が違います。

 

普段行う剪定(整枝)であれば、わき芽として発生した枝を切る程度です。
しかし、更新剪定は、枝の半分~三分の一ほどをばっさりと思い切って切ります。

 

 

nasu-kosinsentei1

ナスの更新剪定の方法

 

 

kousinsenteiB

わき芽が出ているうえで切ると再生が早いです

 

 

◎更新剪定の手順
1.伸びている枝の、三分の一~半分ほどの長さ、あるいは葉を1枚~3枚残して切る。
*元気なわき芽が出始めている先で切るのがコツです。
*食害されたり傷んでいる葉も、同時に切っておきます。

 

2.株元から30cmほど離れた場所に、シャベルを垂直に深く入れ、根を切る。
*株の周囲の2か所を根切りします。

 

3.シャベルで根を切った隙間から、500倍に薄めた液体肥料、
あるいは、化成肥料30グラム/㎡をまいて土と軽く混ぜ合わせます。

 

 

手順としては3段階なので、とても簡単です。

 

枝を短く切ったり、根を切ったりと、
初心者の方にとっては勇気が必要な作業かもしれません。

 

しかし、ナスは剪定せずに放っておくと、
夏の終わりには、弱って枯れてしまうことが多いです。

ダメでもともとという感じで挑戦してみてください。

 

 

◎更新剪定例 家のプランターのナス

 

 

nasu-planter002

標準プランターで2株植えたナスです、樹勢は良い

 

 

nasu-planter004

真夏はこのような感じでした

 

 

nasu-planter001

樹勢が良いので軽い更新剪定をしました

 

 

nasu-planter003

根切りをして肥料を与えます。

*標準プランターでは、根が張りにくく秋茄子は計10個くらいでした。
今年は、深型大容量プランターで、挑戦してみます。

 

 

もし、複数のナスの株があれば、更新剪定の位置を変えたりして、
その後の生長の様子や実りを観察するのも楽しいです。

 

更新剪定で、秋にナスが収穫ができると、本当嬉しいです!

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯

 

タグ : 

ナス 整枝と摘芯

AX