ナスの焼き浸し

ナスの育て方.com

ナスの焼き浸し

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク



冷たいナスは、暑い日でも美味でたくさん食べられます!

 

 

■ナスの焼き浸し

 

ナスの旬は、夏から秋にかけてです。
スーパーでも良いナスが安くなるので、購入することも多いでしょう。
ナスを使った料理は色々ありますが、
まずは出汁のきいた焼き浸しを作って楽しんでみましょう。

 

出来上がってすぐよりも冷蔵庫で冷やしてから食べた方が、
出汁がナスにじゅわっと染みておいしくなります。

 

●材料

ナス……3本~5本
油……大さじ2~大さじ3

 

(合わせ調味料)
ショウガ……1かけ
白だし……大さじ2
水……200cc
醤油……大さじ1/2
みりん……大さじ1

 

●作り方


1.ナスのヘタを切って洗い、縦半分に切ります
皮目の方に斜めの切れ込みを入れ、さらに縦半分、横半分に切ります。

 

 


2.フライパンに油入れ、中火にかけてナスを入れます。
フタをして蒸し焼きにしながら、ナスの表面に焼き目がつくまで焼きます。

 

ナスを焼いている間に、合わせ調味料を作ります。
ショウガは皮をむいてすりおろし、残りの調味料とボウルに合わせておきます。

 

 


3.ナスに焼き目がついたら、フタをとって合わせ調味料を加えます。
水分が煮立ったら、2分~3分ほど煮込みます。
火が通ったら出来上がりです。

 

●ポイント

ナスはサイズによって本数が変わります。
長ナスのような立派なサイズなら3本、普通の中長ナスなら5本が目安となります。

 

画像では甘長トウガラシを一緒に焼き浸しにしています。
煮汁に余裕がある分量なので、ピーマン、ミニトマト、シシトウ、オクラなど、
夏野菜がある時は、一緒に焼き浸しにするとおいしく消費できます。

 

ただし、ミニトマトは火の通りが早いので、最後に加えた方が煮崩れを防げます。

 

レシピではナスを細長くなるように切っていますが、
ナス自体が小さめな場合などは、縦半分に切るだけでも構いません。

 

ナスを切ってから焼くまで時間が空く場合は、
水につけておくとアクが強く出るのを防ぐことができます。



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ :

ナス 料理・レシピ

AX
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。