ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナス 地植えの育て方

読了までの目安時間:約 13分

 

スポンサードリンク


■ナス 栽培スケジュール

 

nasu-Schedule4

 

 

■ナス 栽培データ

 

英名・学名 eggplant・solanum melongena
形態 多年草(日本では一年草扱い)
原産地 インド東部
草丈/樹高  80cm~100cm
収穫期 6月下旬~9月
栽培難易度(1~5)  3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途  長期収穫が可能

 

 

nasu

ナスを地植えで栽培して、たくさん収穫できたら嬉しいですね!

 

 

夏野菜の代表であるナスは、家庭菜園でも人気があります。

ナスの育て方は、初心者の方には、少し難しいと感じることが多いようです。

 

ナスの仕立て方、摘芯、芽かき、更新剪定など言葉使いが難しいだけで、
こちらの図版、画像と説明をご覧になれば、難しくはありません。

 

ここでは、ナスを地植え(露地植え)で育てる時の、
分かりやすい育て方をご紹介します。
*より詳細を知りたい場合は、青いリンクのページをご覧ください。

 

 

■ナス 地植えの育て方

 

・種まきからの場合
ナスの苗を植え付ける予定日をおおよそでいいので決めておきます。
種から育てる場合、品種にもよりますが、

 

種播きから植え付けまで、だいたい80日~90日前後といわれています。
そのため、植え付けたい日を決めて、そこから逆算して種を播く日を決めることになります。

 

セルトレーや黒ポットで育苗しますが、ナスは熱帯が原産のため、発芽温度も高めです。
例えば、植え付け予定日を5月上旬とした場合、

遅くても2月下旬には種播きをしておく必要があります。
>>ナス 種からの育て方

 

2月の日本はまだまだ寒い冬です。
自然の状態でナスが発芽するのは難しいため、加温して育苗する必要があります。

 

種から育てるのは、育てる期間が長くなる上に、特別な器具を使用することもあるため、
初心者の方は種からではなく、苗から育てた方が育てやすいのでお勧めです。

 

・苗を選ぶ場合
ナス以外の野菜もそうですが、

苗選びが栽培成功のカギを握っているといっても過言ではありません。
良い苗を選んで育てることが、良い実をたくさん育てることにつながります。

 

店頭に苗がたくさん並んでいる時期を狙い、たくさんある中から最良の苗を探しましょう。
または、信頼できるネット通販のお店で、苗を予約購入しておく手もあります。

 

 

nasu-nae2

ナスの苗はよく観察して購入しましょう

 

 

苗を選ぶ時のポイントがいくつかあるので、参考にしてみてください。

・本葉が7枚以上ある
・葉が大きく、厚みがあり、色が濃い
・子葉(双葉)がついている
・傷がない
・全体ががっしりとしていて茎が太く、徒長していない
・病害虫にかかっていない

>>ナス 苗の選び方

 

・植え場所(栽培環境)
ナスは太陽の光が大好きです。
日照不足になると、生育不良になり、花付きや実付きが悪くなります。

 

なんとか結実できても、実の肥大が遅く、収穫までに時間がかかることもあります。
また、風通しも確保しておく必要があります。
風通しをよくしておくことで、病害虫を予防できます。

 

ナス科の野菜には連作障害が出やすいです。
特にナスは連作障害が出やすく、5年~6年は同じ場所でナスを育てるのは避けます。

 

ただし、連作障害に強い接ぎ木苗を植えたり、
植え付け前に土壌消毒をしておくことで、同じ場所で育てることが可能になります。

>>ナスの連作は?

 

・畑の準備
◎土づくり
苗を植え付ける2週間前までには、土作りをしておきます。
まずは畝を作る場所を掘り返し、よく耕します。

 

そこに堆肥と苦土石灰を加えて、土とよく混ぜ合わせます。
苦土石灰を入れることで、酸度を調整することができるので、必ず入れるようにしましょう。

 

堆肥、苦土石灰、土をよく混ぜたら、さらにそこに化成肥料を加えてよく混ぜます。
>>ナス栽培の用土

 

 

 

unenew

ナスの基本的な畝の立て方

 

 

◎畝立て
土を作った、次は畝を立てます。
畝は、幅120cm、高さ30cmを目安に立てます。

 

長さは、育てる株数によって異なります。
複数の株を育てる場合は、株間を45cmほどあけるようにして、

畝の長さを計算しておきましょう。

 

本来は、霜の心配がなくなってから苗の植え付けをしますが、

少し早植えにする場合など、寒さの心配が残る時は、マルチをしておきましょう。

 

畝を立てた後、一雨降ったら、黒色のマルチを畝に張ります。
黒色マルチを張ることで、地温を上げることができます。

 

・植え付け
遅霜の心配がなくなったら、植え付けができます。
目安としては、4月下旬~5月中旬が適期です。

 

これよりも早く植え付ける場合は、寒さ対策を必ずしておきます。
また、秋ナスを目的とするのであれば、もう少し遅くまで植え付けが可能です。

 

購入した苗を植え付ける場合は、

苗を購入してから2日~3日のうちは、日当たりの良い場所に置いておいます。
こうすることで苗がその場所に慣れ、植え付け時にストレスを受けにくくなります。

 

あらかじめ作っておいた畝の上に、ポットのまま苗を仮置きして、植え付ける場所を確認します。
畝に根鉢がすっぽり入るくらいの植え穴をあけ、そこに水を入れて染み込ませておきます。

 

ポットから苗を抜いたら、植え穴に入れて周りの土を寄せて植え付けます。
苗の根鉢の表面がギリギリ出るくらいの浅植えにしておきます。

 

苗を植え付けた後は、たっぷりと水を与えておきましょう。

 

 

nasu-uetuke

植え付けの基本

 

 

・支柱
苗を植え付けた時、仮支柱をしておくと安心です。
まだ根付いていない苗は、強風に当たると、

根から倒れてしまったり、茎が折れてしまったりします。

 

仮支柱をすることで、倒伏や茎が折れるのを防ぐことができます。

また、株が生長して主枝がはっきりしたら、しっかりとした支柱を立てます。

 

 

newnasu

本支柱は、長さ150㎝太さ20㎝の支柱を3本立てると安定感が強いです。

 

 

・水やり
植え付けから根付くまでは、あまり乾かないように管理します。
土の表面が乾いていると感じたら、水を与えます。

 

根付いた後は、雨の都合もあるため、毎日必ず与えなければならないということはありません。
ただし、ナスは水切れに弱いので、土が乾燥しすぎないように注意しておきます。
水を与える時は、たっぷりと土に染みこむように与えましょう。

>>ナス 水やりのコツ

 

・追肥
植え付け後、最初の追肥は苗が根付いてから7日~10日ほど経った頃です。
化成肥料を1㎡あたり40g~50gを目安に与えます。

 

2回目以降は、2週間おきに追肥を繰り返します。
ナスは肥料が足りていないと、花などに影響が出るため、よく観察しておきます。
>>ナス 肥料の与え方と時期

 

・摘芯

ナスは、一般に3本仕立てにするのが主流です。
ナスは主枝から出る側枝を摘芯し、
そこからまた出た側枝に実をつけた後、また摘芯します。

 

摘芯を繰り返すことで、収量が格段に上がります。
農家では、1株100~150個のナスを収穫するそうです。

 

摘心を繰り返すことで、主枝を伸ばしながら、次々と実をつけていきます。
摘芯をおこたると、次の側枝が出ないばかりか、

葉が茂りすぎて風通しや、株の中心への日当たりが悪くなるので注意します。

>>ナス わき芽かき 摘芯

 

3bonnsitatezuhann

ナスの3本仕立てと摘芯

 

 

*支柱立て、仕立て、整枝、誘引については、詳細に後述します。

 

・誘引
主枝が伸びてきたら、支柱にしっかりと誘引して、紐などで結んでおきます。
ナスは調子がよければ、次々と実をつけるため、枝にいくつも実がついていることがあります。

 

実の重さで枝が下がり、土に近くなると、

泥跳ねをして病気の原因となるため、しっかりと誘引しておきます。

 

・収穫
収穫の基準は、育てている品種によって違うので、タグなどを参考にして収穫します。

あまり実を大きくせずに、やや若いうちに収穫する方が、
株も疲れにくく総収量が多くなります。

>>ナス 収穫時期は?

 

・更新剪定=切り戻し剪定 
真夏は、暑さと成り疲れでどうしても株が弱ってしまいます。
秋にもナスを楽しむために、夏に収穫が落ちてきたら切り戻し更新剪定をします。
この更新剪定をすると、新しい枝が育ち秋にまた実が収穫できます。

 

7月下旬~8月上旬頃に、主枝と側枝2本を半分~3分の2くらいの長さに切ります。
この時、1つの枝に葉は必ず2~3枚くらい残すようにします。

 

地植えなら株から30cm、プランター栽培なら株から15~20cmほど、
離れた場所にスコップを垂直に差し込み根を切ります。
この「根切り」をすると、新しい根が伸び、株がリフレッシュできます。

 

更新剪定後に肥料を与え、引き続き今までと同様に世話をしていきます。
新しい枝が伸び、20~30日ほどでおいしい秋ナスを収穫することができます。
>>ナス 更新剪定

 

・病害虫
アブラムシ、テントウムシダマシ、ハダニなどが発生することがあります。
いずれも専用の薬剤で防除することができます。

 

■ナス 地植え 育て方のコツ
1.気温が上がってから苗を植え付ける
2.肥料切れと水切れに注意
3.摘芯を繰り返し、伸びた枝は支柱に誘引する 

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 水やりのコツ
・ナス 発芽しない

・ナス プランターの育て方

 

タグ :  

ナス 育て方

ナス 花が落ちる

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


nasu57

ナスの花が落ちてしまうのは?

 

 

ナスを収穫するには、花を咲かせ、受粉して結実し、

その実が順調に大きくなることが大切ですね。

 

ところが、せっかくついた蕾がそのまま落ちてしまったり、
蕾が開いても結実せずに落ちてしまうことがあります。

 

ナスにそのような症状が出るのには、原因があります。
原因は複数あるので、どれが当てはまるのかを観察し対処しましょう。

 

 

[ナス 花が落ちる]

 

 

■環境や管理が原因

ナスを育てる時の環境や、管理方法が不適切だと、元気に育ちません。
できるだけ好条件の場所で育て、管理方法を見直してみることで、
元気に生育するようになって、花が落ちなくなります。

 

1.日当たりが悪い
ナスはとても光を好みます。
日照不足になると、十分に養分を作ることができなくなり、
ナスの株全体の生育が悪くなります。

 

株全体の生育が悪くなれば、正常な花芽を作ることも難しくなり、
どこかに異常のある花は、受粉することができずに花が落ちてしまいます。

 

最初は良くても、株が大きくなってきた頃に花が落ちる場合は、
陰になっている場所ができているのかもしれません。

 

全体を照らす日当たりが良かったとしても、ナスの大きな葉が日陰を作ってしまい、
日照不足と同じ症状が出ることがあります。

不要な葉や枝は適宜切るようにし、株の中心まで光が入るようにしておきます。

 

 

nasu35

不要な葉を切って、ナスの樹の中心部に日が当たるようにします

 

 

2.寒い
ナスはインドの熱帯地方原産のため、寒さには弱いです。
気温が低いと、花粉が思うように出ず、受粉ができずに落花します。

 

低温に当たると、落花するだけでなく、
株自体が傷んで枯れることもあるので、防寒をしておきます。

 

梅雨明けをしたくらいからは、

気温も高くなるので、低温の心配はほぼなくなります。

 

3.水不足
ナスは株を育てるためにも、花を咲かせるためにも、
実を大きく育てるためにも水を多く必要とします。

 

せっかくついた蕾も、水切れを起こすと、そのまま咲かずに落ちてしまいます。
多湿は厳禁ですが、乾燥にも弱いので、土の状態をこまめにチェックしましょう。

 

株の上から水をかけると、ナス自身の葉が水をはじいてしまい、
肝心の株元にはまったく水がかからないことがよくあります。

 

水を与える時は、株元にたっぷりと水を染み込ませましょう。
また、時々葉の裏に葉水を与えると、ハダニなど害虫予防になります。

>>ナス 水やりのコツ

 

4.肥料過多
栽培初期に肥料が多すぎると、枝葉を育てることに養分を使ってしまい、
花芽がつかなかったり、ついても着果せずに落ちてしまいます。

 

地植えでも、容器栽培でも、元肥の量は適正を守り、
多肥にしないように注意します。

 

また、与える肥料も、窒素が多いものは控えます。
窒素・リン酸・カリが同等か、リン酸が少し多めの肥料を与えると、
枝葉ばかりが伸びるのを防ぐことができます。
>>ナス 肥料の与え方と時期

 

5.肥料不足
肥料が多いのとは反対に、不足している場合も、花が落ちることがあります。
肥料不足の場合は、単純に正常な花を形成することができず、
その結果、受粉不良によって落花します。

 

ナスの肥料が足りているかどうかは、花を見れば一目瞭然です。
花の中心にある雌しべと、それを囲むようにして雄しべが配置されています。

 

その雄しべよりも、雌しべが長ければ正常で、肥料は足りています。
雌しべが短く、雄しべに埋もれている状態は、肥料不足のサインです。

 

 

nasuhanaok nasuhanang

画像左は、雌しべが見えて肥料が適切、右は雌しべが見えず肥料不足です

 

 

■株の衰弱が原因

 

環境を整え、管理も基本に沿って行っても、株が衰弱することがあります。
特に、栽培後半になると症状が出やすくなるので、ケアしてあげましょう。

 

1.疲れた
栽培前半で多くの実をつけた株は、スタミナ切れを起こして疲れてきます。
どれだけ肥料や水を与えていても、ナスも疲れる時は疲れます。

 

株が疲れると、正常な花を作ることができなくなり、落花の症状が出始めます。
ナスの実を、大きなサイズになるまで木につけたままにしていると、
それだけ養分が必要となるため、株が疲れやすくなります。

 

ナスは環境が合っていると、本当に次から次へと花を咲かせて実をつけます。
着果した実を全部大きく育てると、ナスの樹もバテてしまいます。

 

ですので、ナスはやや若どりを基準に収穫していきます。
若どりすることで、実を大きくするために使う養分が減り、疲れにくくなり、
たくさんの実をつけるので総合的な収穫量も、多くなります。

 

 

nasu010

ナスは、若採りするのが、総収量を増やす秘訣です

 

 

2.暑い
暑い場所が原産のナスですが、
それでも35度以上の日が続くと、暑さでバテてしまいます。

 

日当たりの良い涼しい場所、というのも難しいので、
暑い時期は更新剪定をして休ませます。

 

不要な枝葉を切り、根も切ることで、ナスは株を養生させます。
暑い間は、どのみち奇形花が多くなり、落花が増えるので、
この猛暑期間を株の養生期間にあてます。

 

暑さのピークを過ぎると、また新しい枝葉を伸ばし、
花を咲かせて秋茄子の実をつけるようになります。

 

3.根詰まり
プランターや鉢などの、容器栽培で起きやすい症状です。
根を張らせるスペースがなくなると、それ以上は育つことができません。

 

また、鉢の中が根でいっぱいになると、水や養分をうまく吸収できず、
正常な花を咲かせることができません。

 

ナスは最初から大きめの容器で栽培するようにしますが、
数か月経つと根でいっぱいになってきます。

 

その場合は、暑さでバテた時と同じように、更新剪定をします。
更新剪定をする時に根切り穴あけすることで、株をリフレッシュできます。
*根切りは、8月上旬頃ナスの地植えでは根元から30cm、
プランター栽培、鉢栽培では、根元から15~20cm離れたところに、
垂直にスコップやシャベルを刺しこみ、根を切ります。

 
nasusente20(3)

プランター栽培では、写真のように、「穴あけ」をするのでも良いです。

その溝や穴に追肥します。

*更新剪定については、後述いたします。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 水やりのコツ
・ナス 発芽しない

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス 葉が枯れる落ちる

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


nasu031

ナスの葉が枯れて落ちる原因は?

 

 

ナスを育てていると、葉が黄色く変色し、そのうち落葉することがあります。
役目を終えた葉が、時々落ちることはありますが、
何枚も続けて落ちるのであれば、何か問題があるはずです。

 

原因は一つではなく、検討違いの処置をすると、手遅れになることもあります。
ナスの様子をしっかりと見て判断し、対処します。

 

落葉した葉には害虫などがついている可能性がありますし、
落ち葉で株元の風通しが悪くなって、病気を助長することもあります。
落葉した葉は、そのままナスの近辺に放っておかずに処分しておきましょう。

 

では、ナスの葉が枯れる、落ちる原因と対処をご説明します。

 

 

■ナス 葉が枯れる落ちる

 

1.水切れ、肥料切れ
ナスは気温が上がってくると、株を大きく育てるために水分をたくさん吸い上げます。
実をつけるようになると、実を大きくするためにさらに水分が必要となるので、
水切れには、常に注意が必要です。

 

水分とともに必要になるのが肥料です。
肥料も株を大きく育てたり、実を大きくするためには必要不可欠です。
この二つが切れてしまうと、ナスは生育が悪くなります。

 

水切れは重症になると、水を与えても回復せずに、
そのまま枯れてしまうこともあるので、日々気遣うようにしてください。

 

肥料が切れているだけの場合は、必要量の肥料を与えるようになれば、
また花が咲いて実がつくようになり、葉の黄変もおさまります。

 

 

nasu50

ナスは、やや小ぶりで収穫すると木が元気で総収量が増えます

 

 

2.肥料焼け
ナスの根に肥料が直接触れると、根が肥料焼けを起こします。
根が肥料焼けすると、必要な水分や養分を吸い上げられず、葉が黄変し落ちます。

 

植え付ける時は、必ず根に触れない場所に元肥を入れるようにし、
追肥をする場合も、株元から少し離れた場所に追肥するようにします。

 

容器栽培の場合は、容器の縁に沿うように肥料を与えましょう。
また、高濃度の肥料を一度に与えるのも、肥料焼けの原因となります。

 

肥料は濃いものを大量に与えれば良いというわけではありません。
液体肥料の場合は、規定通りに薄めたものを与え、
粒状などの肥料は必要以上に与えないようにします。

 

 

nasu32

鉢やプランター栽培は、水切れ、肥料切れ、根詰まりに気をつけます

 

 

3.根詰まり
鉢やプランターなどの容器栽培で起きやすい症状です。
容器栽培は地植えと違って、土の量が制限されているため、
根を広げる範囲を制限されています。

 

容器の中が根でいっぱいになると、それ以上根を広げられず、
根が詰まった状態になり、必要な水分や肥料分を吸いあげられません。

 

ナスを容器栽培する時は、ある程度大きい容器に植える必要があります。
プランターなら深型の30リットル以上、鉢なら深い10号鉢が適します。

 

植え付けからしばらくすると、根もよく広がって、容器の中でいっぱいになります。
そうなったら、一度根切りをして、リフレッシュさせてあげましょう。

 

根切りの作業は、一般に、8月上旬頃行います。

 

ナスの地植えでは根元から30cm、
プランターではできるだけ根元から遠い15~20cm、
離れた場所に垂直にシャベルを刺しこみ、根を切ります。

 

根と一緒に、地上部の枝葉も切り、更新剪定を行うと、
美味しい秋ナスを楽しむことができます。

 

4.病気にかかった
ナスがかかりやすい病気の中に、半枯病というものがあります。
名前に「半」と入っているように、株の片方の葉が集中して黄変し落葉します。

 

病変が見られる葉の中でも、
半分くらいが黄変するため、比較的見つけやすい病気です。

 

葉の裏をよく見て虫がいなければ、半枯病である可能性が高いです。
似たような症状の出る病気として、半身萎凋病というものもあります。

 

いずれの病気も、連作によって起こる可能性が高くなるため、
連作を避けるか、耐病性のある接ぎ木苗を植え付けて育てるようにします。
植え付け前に、土壌消毒をするのも効果的です。

 

 

nijyuyahositento

ニジュウヤホシテントウ、大発生する前に捕獲しましょう

 

 

5.害虫の被害
ナスにつく害虫は色々いますが、
その中でもハダニ類がついた時、葉が黄変してきます。

 

水分や養分が滞った時の黄変は、どちらかというと色が抜けたようになります。
半枯病にかかったり、ハダニの被害にあうと、
黄変してくる場所がモザイク状になることが多いです。

 

ハダニは、ナスの葉の裏についていることが多く、そこから汁を吸います。
半枯病とハダニの見分け方としては、葉の裏側を見れば一目瞭然です。

 

葉の裏側に虫がいれば、害虫被害で、虫がいなければ病気です。
時々、水やりのついでに葉の裏に葉水をかけてあげると、
ハダニを予防することができます。

 

また、初期の状態であれば、被害の出た葉のみを摘み取り処分すると、
症状が治まることがあります。

 

また、葉にぎざぎざとした傷があれば、
ニジュウヤホシテントウが食害が考えられます。

害虫による被害を確認したら、薬剤や自然農薬で防除します。

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 水やりのコツ
・ナス 発芽しない

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

人気の記事

AX