ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナス 鉢の育て方

読了までの目安時間:約 13分

 

スポンサードリンク


■ナス 栽培スケジュール

 

nasu-Schedule4

 

 

■ナス 栽培データ

 

英名・学名 eggplant・solanum melongena
形態 多年草(日本では一年草扱い)
原産地 インド東部
草丈/樹高  80cm~100cm
収穫期 6月下旬~9月
栽培難易度(1~5)  3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途  長期収穫が可能

 

 

ナスは鉢でも、育てることができます。
鉢で育てる場合、1鉢に1苗が基本となります。

 

地植えにする庭がない場合でも、ベランダでも、
日当たりの良い場所があれば、気軽にナスを育てることができるのです。

 

まだナスは育てる面白さと食べる楽しみがあります!
1苗からチャレンジしてみてはいかがでしょう。
*より詳細を知りたい場合は、青いリンクのページをご覧ください。

 

 

nasu32

鉢植えでも美味しいナスが収穫できます

 

 

■ナス 鉢の育て方

 

・種まきからの場合

ナスは種まきから育てることができますが、
育苗に時間がかかるのと、加温するための装備が必要です。

 

また、加温の調節がやや難しいため、初心者の方は苗を購入した方が無難です。
もし種から育苗する場合は、苗を植え付ける80日~90日前に種を播くようにします。
>>ナス 種からの育て方

 

・苗を選ぶ場合
ナスを育てるためには、まずは苗を準備します。
良い苗を選んで育てることで、成功がほぼ決まります。

 

苗の在庫がたくさんある状態で選ぶことも大切です。
たくさんある苗から、良い苗の条件に合うものを選抜し、購入しましょう。

 

 

nasu-nae2

 

◎良い苗とは?
・株全体がしっかりとして茎も太い
・葉が大きく、色が濃く、虫食いや病斑などがない
・二葉がまだ有り傷がない
・本葉が7~9枚以上ついている
・蕾がついている、あるいは一番花が咲いている

 

苗には普通の苗と接ぎ木苗があります。
接ぎ木苗は、根が強く病気にかかりにくい品種を台木に使い、
美味な実をつける穂木を台木に接いでいます。

 

古土を使う場合は、接ぎ木苗にした方が病気にかかりにくいのでお勧めです。
新しい培養土を使うのであれば、無理に接ぎ木苗を使う必要はありません。

たくさんある苗の中で、健全に育っている丈夫な苗かどうかで判断します。

 

・植え場所(栽培環境)
ナスはできる限り日当たりの良い場所で育てるようにします。
日照不足になると、株が大きくならず、花付きや実付きが悪くなります。
やっと実がついても、あまり大きくならずに小さいまま硬くなることもあります。

 

ベランダ、方角や周りの建物で、日当たりが悪くなっていることがあります。
どこあたりの日当たりが一番良いかを確認しておきましょう。

 

一日のうちで日当たりの良い場所が移動する時は、
その時間帯に鉢ごと動かすという手もありますが結構たいへんです。
育苗の初めから、良い場所を選んでおきます。

 

また、ナスは風通しが悪くなったり湿度が高いと、
害虫が発生しやすく、病気にかかることがあります。

 

何かに囲われたような場所ではなく、
できるだけ開けた風通しの良い場所に置くようにします。

 

ただし、強風の吹く場所は、良くないです。
風で倒れて、大事な枝が折れたり、葉がちぎれることがあります。

 

・鉢と土の準備

鉢は径と深さが30cm以上のものを選びましょう。
10号鉢が直径30cmです。

 

ナスは意外と大きく生長するため、十分に根を張るスペースが必要です。
また、水切れに弱いので、水分を保持できるよう、容量の大きい鉢を使います。

 

土は市販されている野菜用培養土で大丈夫です。
もし古土を使いたい場合は、必ず消毒した後に、配合しなおして使うようにします。
消毒をしないで使うと、ナスにとってよくない菌が残ることがあります。

 

 

・植え付け
ナスは寒さが苦手なので、気温が十分に上がってから植え付けをします。
だいたい4月下旬~5月中旬が適期です。

 

それよりも早く植え付ける場合や、
その時期でもまだ寒さが気になる場合は、防寒をしておきます。

 

まず、植え付けるポット苗に水を与えます。
こうすることで、根鉢が崩れにくくなります。

 

 

10go-hati (1)

10号(直径30㎝13リットル)の鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷く
次に準備した鉢に鉢底石を敷きます。

 

鉢の底にあいている穴が大きい場合は、
鉢底ネットを穴よりも少し大きめに切って穴の上に置いてから鉢底石を入れます。

 

鉢底石は、鉢の底が隠れる程度入れてならしておきましょう。

 

 

10go-hati (2)

清潔な用土を入れる
鉢底石の上から、用土を入れます。
鉢の縁からウォータースペースを2cm~3cmとっておきます。

 

土を平らにならしたら、中央に植え穴をあけます。
植え穴は、苗の根鉢がすっぽり入るくらいの大きさにし、
そこに水を入れて染み込ませます。

 

水が染み込んだたら、ポットからはずした苗を植え穴に入れ、
周りの土を寄せて植え付けます。

 

植え付けが終わった後は、鉢の底から水が流れ出てくるまで、
たっぷりと水を与えておきます。

 

 

nasu

一番花が着果したころ、支柱を組みます

 

・支柱
植え付けた後、すぐに支柱(150㎝)を立てておきます。
苗より少し離した場所に、まっすぐの支柱を立てます。
支柱の長さは、150㎝、太さは2㎝くらいが最適です。
この時の支柱は、仮支柱の役割もありますが、
枝が伸びてきた時に組む支柱の軸となるため、長い支柱を立てておきましょう。
支柱と苗を紐などで結んでおきます。

 

一番花が着果し、枝の仕立てが明確になった頃、
これから伸びる枝のために、支柱を組みます。

 

 

hati

3本仕立ての支柱の組み方、2本仕立てならX字に組みます、

支柱1本で、上から主枝を紐で吊るす方法もあります。

 

 

最初に立てた支柱を軸に、さらに2本の支柱を円錐状に挿します。
支柱同士が交差する場所を、紐などでしっかり結んで補強しておきます。

 

・水やり
苗を植え付けてから10日~2週間ほどは、
まだ根付いていないため、あまり用土が乾かないように水を与えます。

 

根付いた後は、土の表面が乾いていたら水を与えるようにします。
水やりは、表面を湿らせるのではなく、鉢の底から水が出るまでしっかりと与えます。

 

気温が上がり、生育も良くなってくると、土が乾きやすくなります。
朝、水を与えても、夕方に土が乾いている場合は、
夕方にも水をたっぷりと与えておきましょう。
>>ナス 水やりのコツ

 

・追肥

鉢植えは地植えと違い、
肥料成分が流れ出やすいので、定期的な追肥が必要です。

 

植え付けから2週間経ったら、追肥を開始します。
2週間ごとに化成肥料を土1リットルにつき1g与えます。
あるいは、1週間に1回、規定通りに薄めた液体肥料を水代わりに与えます。

>>ナス 肥料の与え方と時期

 

 

・仕立て方
ナスは主枝を2本仕立てるか、3本仕立てるかになります。

 

 

2honjitate
2本仕立てにする場合は、

一番花のすぐ下から伸びるわき芽と中央の枝を主枝とします。

 

 

3bonnsitatezuhann
3本仕立てにする場合は、一番花のすぐ下のわき芽と、

さらに下のわき芽を主枝とし、中央の主枝と合わせて3本にします。

 

伸ばすと決めたわき芽よりも下から出てくるわき芽は、
伸ばさずに小さいうちに摘んでおきます。

 

・摘芯 

主枝から発生するわき芽を側枝とし、
そこに実をつけることで収量を上げることができます。

 

ただ、側枝を伸ばしっぱなにしていると、枝葉が茂りすぎて風通しが悪くなります。
また、余分な枝を伸ばしていると、そこに養分をとられて生育が鈍ります。

 

実を収穫する時に、摘芯をして、余分な枝葉を切り落とすようにしましょう。

*詳しい摘芯の方法はこちらです。

>>ナス わき芽かき 摘芯

 

・誘引
主枝が伸びてきたら、実の重さで枝が下がらないように支柱に誘引します。
紐などを使って支柱にしっかりと結んでおきましょう。

 

 

kousinsenteiB

更新剪定で株を甦らせよう!

 

 

・剪定
ナスは基本的には、摘芯を繰り返して主枝と側枝から実を収穫します。

 

ただし、真夏になると、どうしてもバテてしまい、生育が鈍くなり、
花付きも実付きも悪くなってきます。

 

7月下旬~8月上旬くらいに、更新剪定をしておきましょう。
更新剪定し根を切り追肥すると、株が休みリフレッシュされます。

 

真夏の暑さが過ぎた頃、また枝葉を伸ばして生育を始め、
1か月頃には、秋ナスを楽しむことができます。

*詳しい更新選定の方法はこちらです。

>>ナス 更新剪定

 

 

nasu55

ナスは若採りすると、総収穫量が増えます

 

 

・収穫
一番花についた実は、10cmくらいと、ごく小さいうちに収穫しておきます。
それ以降も、ナスは若どりが基本です。

 

品種によってサイズが様々なので、収穫目安も品種によって異なります。
千両2号などの、一般的な中長ナスの場合は、10cm~15cmが基準です。

 

やや若どりにするために、12cm~13cmくらいがちょうど良いでしょう。
若どりにすることで株が疲れにくくなるので、あまり実を放置しないようにします。

>>ナス 収穫時期は?

 

・病害虫
アブラムシ、ハダニ、ニジュウヤホシテントウ、ヨトウムシなどがつくことがあります。
アブラムシやニジュウヤホシテントウ、ヨトウムシなどは、見つけ次第捕殺します。
ハダニの場合は、できる限り発生を防ぐため、時々葉の裏に水をかけて防除します。

 

■ナス 鉢の育て方のコツ
1.できるだけ容量の大きい鉢を使って育てる
2.肥料と水は切れないように注意
3.やや若いうちに収穫して、株が疲れないようにする 

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :  

ナス 育て方

ナス 単為結果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


isinasu (2)

ナスの単為結果、石ナスと良く言いますが、
単為結果と石ナスは、どのような意味で、いかに防ぐのでしょうか?

 

 

■ナス 単為結果とは?

 

1.単為結果とは?
通常は花粉が雌しべにつくことで受粉とされます。
受粉してから実をつけ、肥大していきます。

 

しかし単為結果は受粉が行われない、
または受粉がないまま果実が肥大=結果してしまうことです。

 

単為結果によって何が起こるかと言うと、
正常な実をつけなかったり、ナスでは石ナスになる原因となります。

 

そもそも石ナスとはなんでしょう?

 

2.石ナスとは?
石ナスとは、受粉が行われず実が小さいままで生長が止まってしまう、
生長しない状態のことを言います。

 

またこのナスは食べてみても、ナスの皮が固く苦いナスです。
とても食べられるものではありません。

 

本当に石のように固くなってしまうこと、
固すぎるため食用に適さないことから石ナスと呼ばれています。

 

3.石ナスができる原因
受粉がうまくできていないことが原因となります。
一番目の実は石ナスになりやすいと言われますが、
低温にあたることにより石ナスとなってしまいます。

 

気温が15℃以下と低かったり、日照不足、水切れ、肥料切れが続くと、
受粉が不完全で、実がついても「石ナス」となってしまいます。

 

 

nasu-uetuke

マルチや敷きわらで乾燥を防ぎます

 

 

4.単為結果・石ナスを防ぐには
受粉、着果促進のためにトマトトーンの散布が確実な方法ですが、
低温に当たることで受粉ができなくなってしまうこともあります。

 

特に第一果は低温に当たりやすいため、石ナスになりやすいです。
天気予報を見て低温にあいそうなときは、低温に当たるのを避けるため、
ホットキャップ、肥料袋など保温できるもので覆うことで防止になります。

 

さらに水やりを適切にし、マルチや敷きわらで乾燥を防ぎ、
日照の確保や追肥を適切にします。

 

低温期を越えて夏場に入れば石ナスの発生が少なくなります。
詳しくはナス 受粉のコツナス 花が咲かない、を参考にしてください。

 

今では単為結果性=受粉が行われなくても実をつける品種も出ています。
この品種を使うことによりトマトトーンなどホルモン処理をせずに済みます。

 

5.単為結果性ナスとは?
受粉しなくても果実が着果、肥大できるナスです。
ホルモン処理をする手間がありません。

 

現段階では「あきみのり」「あきみのり2号」が代表的です。
こちらのナス品種を利用することも良いと思います。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス 青枯病

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


nasu35

ナスを日々観察すると青枯病など病害虫防除につながります

 

 

ナスがかかる病気に、青枯病があります。
青枯病はナス以外の多くの植物がかかる病気で、しかも治療が難しいのです。

 

発生すると他の植物にも影響が出る、とても厄介な病気です。
症状が分かりやすいため、発見しやすいのが救いとも言えます。

 

青枯病のかかった場合の症状を知り、
発見した時の対処法も確認しておきましょう。

 

 

[ナス 青枯病]

 

 

■青枯病の症状

 

はじめは株の上の方にある葉が、昼間に萎れる症状が出ます。
萎れた葉は、夜になると元の状態に戻り、
翌日に晴れるとまた日中は萎れるという状態を繰り返します。

 

葉が萎れて戻る状態が2日~3日ほど続いた後、
株の中部から下部の葉にも、同じような症状が出始めます。

 

青枯病は症状の進行が早く、頭頂部に症状が見られると、
1週間ほどで株全体が萎れるようになり、そのまま枯れてしまいます。

 

進行が早く、株が青い状態のまま枯死に至るため、青枯病の名前がつきました。
症状が出て枯死するのも早いですが、1株だけで終わらないのが青枯病です。

 

隣の株など、周りにある植物にも伝染するため、
症状の出た株を見つけたら、迅速な対処が必要となります。

 

茎や根が茶色く変色しますが、萎ちょう病より変色は少ない場合が多いようです。
症状の出ている茎を切って水に挿すと、切り口から白く濁った液体が出てきます。

この液体には、茎の中で繁殖した菌が含まれています。

 

どちらかというと高温期に起こりやすい病気です。
地温が20度を超える頃から発病し始め、25度以上になると激増することもあります。

 

 

■青枯病の原因

 

青枯病の原因となる菌は、おもに根から侵入します。
過湿や高温、乾燥、肥料過多などが原因で根に傷ができた時、
その傷から菌が入り込みます。

 

茎の中を水や養分が通る道を、維管束(いかんそく)と呼びます。
この維管束の中で菌が増えることで、水分や養分がうまく流れなくなり、
葉が萎れる症状が出るようになります。

 

菌は土の中にいるため、基本的には根から侵されますが、
プランターなどの容器栽培でも青枯病にかかることはあります。

 

この場合は、土からの感染ではなく、葉や茎にできた傷からの侵入が考えられます。
青枯病に感染している株の茎などを切る時に使ったハサミを、
感染していない株にそのまま使うと、切り口から菌が入って感染します。

 

プリント

ハサミなどを滅菌すると安心です

 

 

■青枯病の対策

 

青枯病は、感染すると治療ができないため、
まずは感染しないように気を付けるようにします。

 

まずは根からの侵入を防ぐため、根を傷つけないようにします。
水はけの悪い土では、根が湿気で傷んでしますため、
土の水はけを良くしたり、畝を高くしておきます。

 

肥料を株元近くに与えると、根に直接当たり傷めるので注意します。
また、土の状態にも配慮します。

青枯病の菌は、酸性よりも中性の土で繁殖します。
土作りの時に苦土石灰を加えて酸度を調整するようにしますが、
苦土石灰を入れすぎると良くありません。

 

苦土石灰は、入れるほど良いということではないので、量は加減します。
以前に青枯病が発生した場所では、菌がまだ残っています。

 

栽培を始める前に、熱を利用したり、
バリダシン液剤やクロールピクリンなどの薬剤を利用して土壌消毒をします。

 

容器栽培の場合は、古土を利用せず、新しい用土を使った方が安心です。
また、青枯病に耐性のある接ぎ木苗も販売されていますので、
そちらを育てるのもお勧めです。

 

 

nasu032

間株が狭いと病害虫にやられやすいです

 

 

■青枯病に感染したら

 

青枯病は、周りの株への感染も早い病気です。
発病株を見つけたら、すぐに掘り上げて処分します。

 

感染した株には、菌が繁殖している状態です。
掘り上げた株はその場に放置せず、必ず焼却か地域の決まり通りに処分します。

 

また、感染している株に使ったハサミなどの道具も、菌が付着している場合があります。
感染株が発見される前から、道具類を使った後は消毒しておく方が良いでしょう。

 

発病株が見つかったら、処分に使った道具は必ず消毒します。
さらに株を触った手も消毒してから、別の株の手入れをするようにします。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス 病害虫

人気の記事

AX