ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナスの連作は?

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


nasu (3)

ナス、ピーマン、トマトなどナス科の野菜は、連作障害が起きやすいです

 

 

ナス科の野菜は、毎年、同じ場所や土で栽培すると、
生長が鈍り病気にかかりやすくなります。

 

3~5年くらいは、同じ場所や用土でナス科の野菜を栽培しないのが賢明です。
その他ウリ科、マメ科、アブラナ科は連作障害が起こりやすいです。

 

 

[ナスの連作は?]

 

 

■ナスの連作障害のしくみ

 

なぜ、ナスなどの連作に問題があるのかというと、
ナス科の野菜を植え続けると、土壌病害の発生が多くなります。

 

土壌病害とは、土壌伝染性障害とも呼ばれます。
土には、ウイルス、細菌、カビなどの病原菌や良性の微生物がいます。

 

ナスなど同じ科の野菜を栽培し続けると、
良い微生物が減り、病原菌がどんどん増えてしまいます。

 

病原菌が増えると、特定の病原菌が作物について繁殖します。
再び同じ科の作物を植えると、更に病原菌が繁殖していきます。

 

これが続くと、土の中が野菜に悪影響を与える、
病原菌で、いっぱいになってしまう。ということです。

 

さらに、微量要素、作物の栽培に少しだけ必要な養分である、
「ホウ素」「鉄」「マンガン」などの不足が起こります。

 

 

■連作障害の予防方法

 

1.土壌消毒を行う
ナスの主な連作障害は、「青枯れ病」「半身萎ちょう病」の二つです。
土中の病原菌が繁殖することによって起きやすくなる病気です。

 

また、微量要素が少なくなると、
葉が黄色くなったり、収量が落ちてしまいます。

 

けれど、家庭菜園では広さが限られているので、
前年と同じ場所でナス栽培をすることもあると思います。

 

その場合は、土壌を消毒して清潔に保つことが必要です。
薬剤を使用すると良性の微生物も殺してしまいますので、
太陽光を使う消毒方法をしましょう。

 

・地植えの場合
地植えの場合は、その場所を太陽熱消毒するのが良いです。
ナス科の野菜を収穫した後、夏季に畑の上をフィルムで覆い、
めくれないように隅に土や石で重石をします。

 

フィルムで覆った畑の土は、40℃以上の高温になります。
約10日間、そのままにしておくと、土中の殺菌消毒ができます。

 

 

nasu37

プランター・鉢の用土も消毒して使うと安心です

 

 

・プランター・鉢の場合
ナス科の野菜を栽培したことのある土をそのまま使うと、
連作したのと同じことになります。

 

プランターの土中の菌は、数年間はるため、
できれば新しい培養土を使用するようにします。

これが一番良い方法です。

 

古いプランター用土を使う場合は、
太陽熱消毒をするのが効果的で安心です。

 

 

hurui2

太陽熱消毒は、真夏にすると効果的です

 

 

夏季に、土のゴミを取り除いてから、
7~10ミリ目のふるいにかけゴロ土を取り除きます。

 

ビニールのごみ袋などにふるった土と水を少し入れ、
口を閉じて日当たりの良い場所に約10日間置いておきます。
これで熱消毒をすることができます。

↓より詳しい用土の再生方法
>>古土の再生方法

 

2.適切な土作り・土壌改良
土づくりが不適切だと、連作障害が出やすくなります。
土の酸性度が強過ぎたり、排水性が悪い畑は問題です。

 

連作障害を防ぐために、
ナス栽培に最適な土作りをするようにしましょう。

 

日本は雨が多く、酸性土壌に偏りやすい環境です。
植え付け前には苦土石灰を入れるなどして、酸度を整えます。

また、腐葉土や赤玉土などを入れ、排水性も向上させます。

 

3.接ぎ木苗・耐病性品種を使う
接ぎ木苗を使うことで病害を防ぐことができます。
値段は、少し高めですが、本業の農家さんでは、接ぎ木苗を使い、
同じ場所に20年以上ナス科の植物を栽培しているそうです。

 

耐病性をもった品種を植えるのも効果的です。

 

>>ナスの種と苗を各種見てみる

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス 苗の選び方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


nasu (4)

ナスを苗から育てる方に、良い苗の選び方をご紹介します!

 

 

苗半作、苗七分作という言葉はご存知でしょうか?

言葉の通り、苗選びはその年の収穫にとても重要なことなんですね。
苗選びでその年の栽培の半分は成功する、と言っても過言ではありません。

昔から農家に伝わるこの言葉は、とても納得がいく教えです。
このことを踏まえて苗を選んでいきましょう。

植えつける1週間ぐらい前に苗を購入することをお勧めします。
それより前に購入してしまうと、霜にやられたりしてしまいます。

 

また、徒長=葉と葉の間が間伸びする可能性もあるので、
慌てずに選び購入してください。

 

また、買った苗は数日、外に置いておいて、
気候に合わてあげると育ちが良くなります。

 

 

nasu-nae

ナスの苗の選び方のコツ

 

 

■ナス 苗の選び方

 

1.本葉が7枚以上
本葉が7~9枚で、できれば花や蕾がついている、または咲いているもの。
そして大きくしっかりしているもの。
花などがついていればすぐに植え付けを始めることができますね。

 

2.葉が大きく、色が濃く厚い
葉の色が薄かったり、厚みがなかったりする苗は不健康です。
しっかりした苗を選びましょう。

 

3.子葉(二葉)がつき、傷がない
子葉は、健康状態が悪くなると落ちるものです。
双葉が元気についているのは、それだけ良苗である証拠です。

 

4.茎が太く、間のびしていない
ひょろひょろとした細い苗を売っていることがありますが、
元気のある、どっしりとしたものを探します。
売れ残った苗なども、初心者のかたは止めておきましょう。

 

5.害虫や病気にかかっていない
葉にアブラムシなど、害虫がついておらず、病気になっていない健康な苗。
苗の時点で病気にかかったり害虫がついていると、
その後も病害虫をかかえたままなので生育が悪かったり、枯れてしまいます。

 

大きくはこの5の点がOKならば、とても良い苗と言えます。

 

 

tesimanonaeya (2)

ナスの接ぎ木苗、通販で3本で600円台でした、高収穫できました♪

 

 

◎接ぎ木苗が育てやすい!
初めてナスを栽培する方には、
接ぎ木がされている苗を選ぶと失敗が少なくて良いです。

 

接ぎ木の元に影響を受けるので暑い気候、寒い気候に強い苗になります。
また、接ぎ木してある苗は連作障害、病害虫にも強いので病害を防ぐことができます。

 

少し高めの苗ですが、病害虫・連作に強く元気に育ちやすいのでお勧めします。

 

>>ナスの種と苗を各種見てみる

 

タグ :  

ナス栽培の基本

ナス 肥料の与え方と時期

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


nasu30

ナスは肥料をたくさん必要とする植物です、
最初に入れる元肥、後からの追肥がとても重要なんですね

 

 

肥料が切れると、株自体も大きくならず良い花も咲かなくなります。
良い花が咲かないと、よく熟れて美味しい実がつかなくなります。

 

肥料についての理解が深まると、充実した実を長く収穫できます。

 

 

[ナス 肥料の与え方と時期]

 

 

■ナスの元肥の与え方

 

ナスの肥料を与える時、地植えで育てるか、
鉢やプランターで育てるかで、与え方が少し違います。

 

・地植えの場合
1.堆肥 1㎡あたり3~4kg
苦土石灰 1㎡あたり2120g
こちらは主にPH調整のために撒きます。

 

2.化成肥料(N・P・K=8・8・8) 1㎡あたり150g~180g
全面に撒いてください。

 

・プランターや鉢の場合
野菜用の培養土を使う場合は、元肥を入れる必要はありません。

 

自作の用土で、肥料が入っていない場合は、
化成肥料を規定量入れます。

 

 

hiryo

なす・とまと・きゅうり肥料 C)charm 楽天市場店
*専用肥料を使うと安心です

 

 

■ナスの追肥の与え方

・地植えの場合

120cm幅の畝を作り育てている場合、
120cmの中心に苗を植え付けるのが一般的です。

 

苗を植え付けている場所から、45cmほど離し、
苗の両サイドに肥料を与えるための溝を作ります。

 

溝に肥料を均等に入れ、軽く土をかぶせておけば、追肥は終わりです。

 

1回目の追肥の後は、2週間おきに追肥を繰り返すようにします。

 

2回目以降の追肥の時は、前回の追肥の時よりも少し外側に溝を作り、
そこに肥料を入れます。
1回の追肥で与える肥料は、1㎡あたり40g~50gです。

 

・プランターや鉢の場合
プランターや鉢などの容器で育てている場合は、
苗の株元に近い場所ではなく、少し離した場所に肥料を施します。

 

1回目の追肥は、一か所に固めて与えず、株の周りにぱらぱらとまくようにして与えます。
2回目以降の追肥の時も、1回目と同じ要領で与えます。

 

2回目以降の追肥は、2週間おきに追肥を繰り返します。
1回の追肥で与える肥料は、土1リットルあたり1gです。

容器の大きさで肥料の量も変わるので、プランターの大きさから判断します。
また、液体肥料を与える場合、規定通りに薄めたものを、
1週間に1回、水代わりに与えるようにします。

 

 

■ナスに肥料を与える時期

 

植え付けてすぐは、元肥が効いているはずですので、追肥はしません。

最初の追肥を行うのは、
植え付けた苗が根付いてから7日~10日ほど経った頃が目安です。

 

いつ根付いたのか分からない場合は、
植え付けてから2週間~3週間ほど経ったら、追肥を開始しましょう。

 

ナスは肥料食い=肥料が大好きな野菜です。
肥料切れを起こすと、その後の生育や収量に大きく影響するので、
追肥は忘れずに行うようにします。

 

定期的に追肥をしていても、肥料切れのサイン(下記参照)が出た時は、
肥料を与えるタイミングを少し早くしてみましょう。

 

あるいは、即効性のある液体肥料を一度与えて、様子を見ます。

 

この時、肥料が足りていないからと、液体肥料を濃くすると、
肥料が濃すぎて、根が肥料焼けを起こすことがあります。
液体肥料は、つねに規定通りに薄めて使うようにします。

 

 

■肥料不足のサイン

 

ナスを栽培するにあたって、肥料切れは深刻な生育不良を起こしかねません。
肥料切れを起こすと、特に栽培後半になってから株の疲れが目立ち始めます。

 

実の生育が悪くなったり、石ナスといって硬い実に育つこともあります。
肥料が足りているかどうかを、こまめにチェックするようにしましょう。

 

 

nasunohana

雌しべが長く、花びらの色が濃いのが肥料が足りている状態です

 

 

・肥料が足りている時
柱頭(雌しべの先端)が雄しべよりも長い。
花びらの色が濃い。
花と花の間の葉が、4枚~5枚ある。
葉の色つやが良く、主軸が太くしっかりしている。
葉は大きく、上向きになっている。

 

 

nasu

雌しべが短く、花びらの色が薄いのが肥料が足りない状態です

 

 

・肥料が足りない時
柱頭が雄しべと同じか、雄しべよりも短い。
花びらの色が薄い。
花と花の間の葉が少ない。
葉の色が薄く、茎などもひょろひょろしている。
葉が小さく、垂れ下がってる。
次の花がついていなかったり、咲いているが小さい。

 

 

ナスに元気がない時は、肥料切れが原因ではないことがあります。
水切れや日照不足なども考えられるので、状態を観て対処するようにします。

上手な肥料遣りで秋茄子も収穫できます!

 

>>ナスの種と苗を各種見てみる

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培の基本

人気の記事

AX