ナス 苦くなる

ナスの育て方.com

ナスが苦くなる

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


美味しかったナスが、苦くなることがあります

 

 

ナスは、家庭菜園でも、人気のある野菜の1つです。
夏の家庭菜園では、苗もたくさんお店に並びますし、
トマトやキュウリと合わせて栽培している、という方も多いです。

 

そんなナスですが、見た目には分かりませんが、
食べてみると苦みを感じることがあります。

 

せっかく育てて収穫したナスが苦いと、
とても残念な気持ちになりますね。

ナスが苦くなるのはどうしてなのでしょうか。

 

 

[ナスが苦くなる]

 

 

■ナスが苦くなる原因

 

ナスには、クロロゲン酸と呼ばれる苦みの元が含まれています。
普段はこの成分の量が少なく、食べても特に苦みを強く感じることはありません。
クロロゲン酸は、ナスのアクの中に多く含まれています。

 

切ったナスを放っておくと、断面が黒ずんできますが、これがアクです。
断面が黒ずんでいるナスは、アクが増えているため、
苦み成分も増えているということになります。
*アク抜きは、ナスをカットし塩水に5分ほどさらします。

 

けれど、ナスが苦くなるのは、切って放置するだけが原因ではありません。
収穫したり購入して、間もないナスを調理したにも関わらず、
苦みを感じるのには、原因があります。

 

・水切れ、肥料切れ
ナスの栽培中、水や肥料が切れると、ナスの生育が悪くなります。
ナスの苦みは、ストレスを受けたり、
実が育ちすぎることによって増えるため、水や肥料が切れることで、
大きなストレスを受けます。

 

また、養水分が足りないことによって、実の肥大が緩慢になり、
収穫最適サイズになるまで、とても時間がかかるようになります。
こうなると、ナスは硬くなり、表皮に艶もなくなり、苦みも増えやすくなります。

 

ナスは水と肥料を多く必要とする野菜です。
肥料は、定期的に適量を与えることが大切です。

>>ナス 水やりのコツ

>>ナス 肥料の与え方と時期

 

 

肥料が少なくても多くても苦みが増します

 

 

・肥料過多
肥料が足りていない時、ナスは生育が悪くなって苦くなりますが、
肥料が多い時にも、苦みが増えやすくなります。

 

肥料過多の状態になると、花を咲かせて実を育てる生殖生長よりも、
枝葉を茂らせる栄養生長の方が強くなります。
こうなると、肥料がたっぷりあっても、実の肥大が悪くなり、苦みが増します。

 

プランター栽培など、容器を使った栽培では、
水を与える時に底から出てくるまでたっぷりと与えていれば、
底から出てくる水とともに肥料成分が流れ出てくるため、
蓄積されることは稀です。

 

ただ、液体肥料を毎日与えていたり、固形肥料を規定の回数よりも多く与えるなど、
肥料濃度が高くなるような与え方をしていると、
プランター栽培であっても、肥料過多となります。

 

ナス栽培では、肥料が多すぎても少なすぎても、ナスの生育に大きく影響します。
まずは決められた頻度で、決められた量や濃度の肥料を与えて様子を見て、
足りなければ量や頻度を増やし、多すぎる場合は減らします。

>>ナス 肥料過多

 

 

今年のような猛暑では、ナスもコンディションを崩しやすいです

 

 

・成り疲れ
ナスは生育旺盛な野菜ですが、たくさんの実をつけ続けると、やはり疲れてきます。
栽培前半は調子よく実をつけて肥らせていても、
しだいに樹勢が弱くなり、実の生長も遅くなって、味が落ちてきます。

 

特に7月に入り、梅雨が明けてしばらくすると、
それまでたくさん実をつけていたナスが、急激に弱ることがあります。
これが成り疲れです。

 

実を一度にたくさんつけ過ぎないよう、摘花や摘果をするのが一般的ですが、
すでに樹勢が弱っている場合には、更新剪定を行って、養生させましょう。
ナスの更新剪定は、7月下旬までに行うのがベストです。

 

近年は温暖化の影響か、梅雨が早くに明けたり、
晴れて気温の高い日が続いたりして、ナスも調子を崩しやすいです。

 

7月中旬を過ぎているのであれば、少し早めでも更新剪定を行い、
秋ナスに向けて養生させておくのがお勧めです。
>>ナス 更新剪定

 

・暑すぎる
ナスは高温を好む野菜ですが、あまりに暑すぎる環境下では、生育が悪くなります。
35度~40度を超えると、さすがのナスも暑さによってストレスを受けます。

 

猛暑の中では、枯れることは少なくても、花付きや実付きが急激に悪くなったり、
着果しても良い実が育たなくなります。

 

ナスは低温によって花芽形成がうまくいかないことが多いですが、
高温によっても、花芽の形成がうまくいきません。

 

高温が続くような時期になったら、更新剪定をしましょう。

枝葉を切って小さくし、根を切ることによって、
新しい枝葉や根を発生させることができます。
さらに実をつけない期間に、樹勢を盛り返すこともできます。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定



スポンサードリンク


人気の記事!

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。