ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナス つやなし果

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


つやなし果、原因は何でしょうか?

 

 

ナスといえば、紫色をしていて、表面にはつやつやとした照りがあるイメージです。

 

もちろん、品種によって色が濃いものと薄いものがありますし、
ゼブラ柄や緑色、白色などの品種もあります。

 

けれど、どの品種にも共通しているのが、表面の「ツヤ」です。

この表面のツヤがない実を「つやなし果」と呼びます。

 

つやなし果は、なぜ発生するのでしょうか。


 

タグ : 

ナス 病害虫 生理障害

ナス すすかび病

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


密植は、いろいろな病気の原因になります

 

 

すすかび病は、ナスもかかる病気で葉に病斑ができます。
初期であればあまり影響はありませんが、ひどくなると葉が落ちてしまいます。

 

葉が落ちれば、それだけ光合成をする場所が減るため、
症状が進んで株全体に出るようになると、葉の枚数が減り株が弱ります。

 

すすかび病は、健全に育てることで予防ができる病気なので、
感染したとしても、初期の段階であれば治療ができます。

 

まずは予防のためにいくつかのポイントを守って栽培し、
感染した場合はすぐに対応します。


 

タグ : 

ナス 病害虫 生理障害

ナス 亜硝酸過剰

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


ナスは家庭菜園でも育てられる野菜のため、
夏野菜の中でも人気があります。

 

一般的には土栽培することが多いですが、
近年では、水耕キットを使って水耕栽培でナスを育てる方も増えているようです。

 

水耕栽培も、道具や養液の準備ができれば、家庭でも楽しめる栽培法です。
けれど、ちょっとしたことが原因で、不調が出ることもあります。

 

水耕栽培で出ることのある生理障害の中に、亜硝酸過剰というものがあります。
ナス栽培での亜硝酸過剰とは、どのようなものなのでしょうか。


 

タグ : 

ナス 病害虫 生理障害

ナス ホウ素欠乏類似症

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ナスを育てる時、色々な要素が必要になります。

 

基本となるチッソ・リン酸・カリのほか、鉄やカルシウム、
マグネシウムなどの微量要素も重要です。

 

何かが欠ければ、欠乏状態となって不調が出ます。

 

何らかの要素が足りずに出る不調を、生理障害と呼びますが、
要素が足りているにも関わらず、別のことが原因で、
生理障害とよく似た症状が出る場合もあります。

 

ナス栽培では、ホウ素欠乏と似た症状の、
ホウ素欠乏類似症というものが発生することがあります。

 

ホウ素欠乏類似症とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

[ナス ホウ素欠乏類似症]

 

 

■主な症状

 

・新芽の萎縮、芯止まり

ホウ素欠乏類似症は、その名の通り、ホウ素欠乏の時と似たような症状が出ます。

 

新芽が波打って萎縮し、奇形となります。

ひどい場合には、葉がくしゃくしゃになってまったく伸びないこともあります。

 

さらに症状がひどくなると、新芽部分がまったく生長せず、
小さいまま枯れたようになります。

 

そのまま新芽が生長することはなく、芯止まりとなって生長が止まります。

 

ナスは枝が伸びて、節に花芽がついて着果します。
そのため、新芽が伸びずに止まってしまうと、新しい節ができず、花芽も形成されません。

 

花がつかなければ着果もできず、収量が激減します。

 

・葉の光沢
ホウ素欠乏類似症では、ホウ素欠乏とよく似た症状が出ますが、
一点異なる部分があります。

 

それが、葉の光沢です。

ナスの葉は、表面に光沢がほとんどなく、マットな質感です。

 

ところが、ホウ素欠乏類似症の症状が出ると、葉の表面に、
べったりと油を塗ったような光沢が出ます。

 

一見すると、光沢が出て元気なように見えなくもありませんが、
正常な葉と異なるということは、異常が出ているという証拠です。

 

 

■主な原因

 

・チャノホコリダニの被害
ホウ素欠乏類似症は、名前の通りホウ素欠乏とよく似た症状が出ます。
けれど、葉の光沢があるという点で、類似症であることが分かります。

 

葉の萎縮や奇形、べったりとした光沢が出るという症状は、
チャノホコリダニの被害が出ている時の症状です。

 

葉の萎縮や奇形、芯止まりといった症状がホウ素欠乏と酷似しているため、
症状の原因を特定するのが遅れる場合があります。

 

チャノホコリダニを含めたホコリダニ類は、
高温乾燥の環境で発生しやすいのが特徴です。

 

 

■対策

 

・チャノホコリダニの防除
ホウ素欠乏類似症の原因がチャノホコリダニなら、
予防するためにはチャノホコリダニを防除することが一番です。

 

チャノホコリダニに効果のある薬剤を、予防的に散布すると良いでしょう。

 

また、高温乾燥の環境を好むので、適湿を心掛け、
乾燥がひどい場合は、葉水を与えるなどしておくと良いでしょう。

 

 

■判断基準

 

ホウ素欠乏類似症は、チャノホコリダニが原因で起こります。
ホウ素欠乏との違いは、油を塗ったような葉の光沢と、葉裏に寄生する虫の有無です。

 

チャノホコリダニは体がとても小さく、肉眼では見えにくいので、
虫メガネなどを使って観察し、害虫がいるかどうかをチェックしましょう。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス 病害虫 生理障害

ナス リン酸欠乏

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ナスを健全に育てるためには、チッソ・リン酸・カリといった基本の3要素のほかに、
様々な微量要素が必要となります。

 

どの成分が欠けても、何かしらの不具合が出ます。

中でも、リン酸が足りない状態になると、リン酸欠乏となります。

 

ナスがリン酸欠乏になると、どのようなことが起こるのでしょうか。


 

タグ : 

ナス 病害虫 生理障害