ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナス 風対策

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


nasu39

大風が吹くことを想定して、支柱をしっかり組みましょう

 

 

ナスを栽培する時、風による被害を受けて、
株が弱りダメになることがあります。

 

台風がくる頃になって初めて対策する、という方が多いようですが、
植え付け直後や大きく生長してくると、
少し強い風が吹くだけで、大きな影響を受けることがあるのです。

 

 

[ナス 風対策]

 

 

■ナス 風の被害は?

 

ナスの苗を植え付けるのは、気温が高くなる5月頃ですね。
この5月頃というのは、意外と天気が荒れることが多く、
雨が何日も降り続いたり、晴天になって夏日のような暑い日があります。

 

南からの暖かい風が強く吹いたりすることもあるのに、
北風のように少し冷たい風が吹きすさぶこともあります。
ベランダ栽培の場合も、強風に注意します。
 

まだ弱い苗の時期にこの強い風に当たると、新芽部分が傷みます。

また、植え付け直後で根付いていない株は、株元がぐらつくため、
風であおられると株元が揺れて根が露出してしまうことがあります。

 

大切な新芽がチリチリに焼けたようになったり、
根が露出した状態を放っておくと、生育不良になります。

 

最悪のときは枯れてしまうこともありますし、
枯れなくても、回復までに時間がかかり、ナスの生長が遅れてしまいます。

 

ナスが生長してきて、株元がしっかりし、寒風の心配もなくなっても、
まだ風の悪影響に対しては油断できません。

 

ナスは品種によって、葉の裏や表面、実のヘタ部分などにトゲが出ます。
風が吹くことで、このトゲの部分が他の部分にこすれてしまい、
ナスのトゲが、お互いに傷つける状態になることがあります。

 

特に水ナスなど、皮が薄い品種のナスは、
トゲによる傷が増えやすいので注意します。

 

また、長く伸びてきた主枝には実がつき始めます。
重みの増した枝は、台風ほど強い風でなくても、煽られて倒れることがあります。

 

鉢やプランター栽培では、容器ごと倒れてしまい、ナスの枝葉が傷みます。
容器の中の土が乾燥して軽くなっている時に被害が出ることが多いので、
これにも対策が必要になります。

 

 

nasu001

ナスのトゲは鋭いので、お互いに傷をつけてしまいます

 

 

■ナス 風対策は?

 

多少の風が吹いても、ナスの株が傷まないようにしておくことで、
順調に生育して実を収穫する近道になります。

 

植え付け後に、準備しておくと良い対策が、
いくつかあるので、ご紹介して行きます。

 

・袋による風よけ
苗を植え付ける頃は、まだ風が吹くと肌寒く感じることがあります。
ナスは高温を好む野菜なので、寒さは苦手です。

 

植え付けてすぐの小さな苗の新芽は、柔らかく弱いため、
冷たい風に当たると傷んでしまいます。

 

生長点が傷むと、回復し生育を始めるまでに時間がかかり、
調子を落としている場合には、そこで生長が止まってしまいます。

 

簡単に風を遮り、寒さも和らげる方法として、袋を使った防風があります。
袋は、耐水性の強いビニール袋がお勧めです。

 

中でも、培養土や牛糞堆肥など、園芸に使う資材が入った袋は、
厚手で丈夫な上に、ナスの防風にはサイズもピッタリです。

 

まずは袋の上下を切って筒状にして、植え付けた苗を囲むようにします。
袋がピンと張るように、内側の四隅に支柱を立てます。

 

飛んでいってしまうことはあまりありませんが、
心配であれば袋が浮き上がらないよう、
支柱を洗濯バサミではさむか紐で結びつけておきましょう。

 

・支柱
ナス栽培では、支柱は、とても大切です。
支柱は枝と実の重さに耐えられるよう、
150~200cmくらいの長さで、少し太め(11㎜)程度の支柱を選びましょう。

 

支柱を設置する時は、これ以上入らないというところまでしっかりと挿し、
必要であれば、合掌型で組んだり、

横方向の支柱の本数を増やして動かないようにしておきます。

 

主枝が伸びてきた時、支柱に誘引しておくことで、
風に吹かれても枝が動かないので折れません。

 

また、風に吹かれて枝ごと葉が別の枝葉と干渉し、
トゲで傷をつけるのを防ぐこともできます。

 

 

hati

倒れにくい鉢 C)植木鉢:植木鉢・鉢カバー専門店グーポット

 

 

・重石
地植えででは必要ありませんが、鉢やプランターなどの容器栽培では、
容器ごと倒れないようにしておく必要があります。

 

土が乾燥して軽くなってしまうのは仕方のないことなので、
それ以外で容器が倒れないようにしておきます。

 

容器はプラスチック製の軽いものより、
テラコッタなどの重みのある容器を使うと、倒れにくくなります。

 

どうしても移動したい時があるため、
できるだけ軽い容器を使いたいという場合もありますね。

 

その場合は、容器の脇に丈の低い寄せ植えなどを置いて重石にします。
また、鉢植えにする場合は、座りの良い鉢を選びます。

 

下が細くなっている鉢は、上部が動くと揺れが起こり、倒れやすくなります。
できれば寸胴な形の鉢を使うと、倒れるリスクが減ります。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス 一番花 落ちたら

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


nasu-itibanka002

一番花、着果させると安心ですが

 

 

ナスの一番花と二番花の着果は、とても重要だといわれています。
最初につく花に実をつかせると、ナス自身の実をつける流れが強くなります。

 

一番花に実をつけ、後の着果率を上げることを「なりグセをつける」といいます。

 

ただし、これは一番花に着果させることで、実がなりやすくなるというだけなので、
一番花が落ちてしまったからといって、栽培に失敗した訳ではありません。

 

一番花が落ちてしまっても、その後の管理に注意していれば、
問題なく実を収穫し続けることができます。

 

 

[ナス 一番花 落ちたら]

 

 

■ナスの一番花が落ちる理由

 

大事な一番花が落ちてしまうのには、いくつか理由があります。

まずは育てている環境が悪いこと。
日当たりや風通し、水やり、肥料の具合などですが、中でも一番影響するのが日当たりです。

 

ナスは日当たりの悪い場所で育てていると、うまく生長できません。
一番花だけでなく、今後でてくる花も落ちてしまう可能性があります。
できるだけ日当たりの良い場所に置き、適切に水やりをするようにします。

 

また、寒さに当たることで花が落ちることもあります。
ナスの苗を植え付ける頃は、地域やその年の天候や気候によって、
夜にたいへん冷え込むことがあります。

 

寒さに当たってしまうと、花芽が傷んだり、ナスが生理的に花を落とすため、
しっかりと気温が上がるまでは、防寒対策をしておいた方が良いでしょう。

 

他にも、作業している間に服が一番花に当たり、落ちることもあります。
植物の茎葉や花などは、丈夫そうに見えてとても繊細です。

 

ふとしたことで傷めることがあるため、注意しておきます。
服と同じように、強風に吹かれて花が飛んでしまうこともあります。

防風と防寒をかねて、苗の周りをビニールなどで囲っておくと安心です。

 

 

nasu-itibanka001

一番果を確認すると、安心です

 

 

■一番花が落ちてしまったら

 

一番花に着果させることは、確かにナス栽培において重要なことです。
だからといって、一番花が落ちてしまったり着果しなかったら、
実が絶対に収穫できないということではありません。

 

あくまでも一番花に着果させるのは、
なりグセをつけてその後も順調に着果する確率を上げるためです。

 

逆に、一番花に着果させることに成功したとしても、
その後の管理や天候が悪ければ、生育不良に陥ることは多々あります。

 

一番花が落ちても、がっかりする必要はありません。
今後、上手に管理していけば、一番花の後に二番花、三番花と続くはずです。

 

二番花や三番花が咲く頃になれば、気温も安定してくる頃なので、
花が落ちることも減ってきます。

 

もし花芽自体があまりできないということであれば、肥料の問題かもしれません。
窒素が多い肥料を使っていると、枝葉ばかりが伸びて花芽がつきにくくなります。

 

花芽はついているけれど、二番花以降も花が落ちる場合は、
管理か栽培環境に問題があります。

 

一番花が落ちても、ナスが好む環境で育て、
適切に手入れを行えば、二番花以降でも実は十分つけられます。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :  

ナス栽培Q&A

ナスの苗 元気がない

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


nasu (1)

こちらは、通販=てしまの苗屋 楽天市場店で購入した接ぎ木苗

 

 

ナスの苗を植え付けたら、元気がなくなったり、
購入した苗を持って帰ってき時点で、元気がないことがあります。

 

状態が深刻でなければ、あまり気にすることではありませんが、
中には回復しないまま枯れてしまうこともあります。

 

では、特に問題がなかったように見えた苗が元気をなくすのには、
どのような原因があるのでしょうか。

 

 

[ナスの苗 元気がない]

 

 

■水切れした

 

苗を購入して帰ってくる道中や、植え付け後に元気がなくなる場合は、
水切れを起こしているケースが多いです。

 

苗の販売が始まる頃には、日中の気温がぐんと上がる日もあります。
天気の良い日の車中は意外と高温になるため、
一気に水切れの症状が出ることがあります。

 

店舗によって苗の手入れの具合が違うため、
購入した時間帯によっては、その日の水やりを行っていない場合もあります。

 

植え付けた後、すぐに萎れて元気がなくなるのは、
まだ根付いていない状態にも関わらず、根鉢の土が乾いている時です。

 

根付いていないということは、まだ周りの土になじんでいません。
周りの土が湿っていても、根が水分を吸収できるのは、
根鉢分の土からのみになるため、根鉢が乾くと水切れとなります。

 

また、植え付ける時に、あらかじめ根鉢の土がしっかりと湿るように、
ポット苗に水を与えておきます。

 

植え穴にも水を入れて染み込ませておくことで、
根付いていない間も、水切れを起こしにくくなります。

 

このように水を与えて土に湿り気を与えれば、症状はすぐに回復します。
水切れの症状が出ているにも関わらず、長時間放置してしまうと、
正常に生育しなくなることがあるので注意しましょう。

 

 

■温度が低い

 

苗がまだ小さいうちに、冷たい風にあたったり、遅霜にあたったりすると、
葉がしんなりと萎れたり、生長点の新芽部分が倒れてしまうことがあります。

 

ナスは寒さに弱い野菜です。
特に株がまだ小さいうちは、適応力も弱いので、防風・防寒対策を行うようにします。

 

 

nasunonae (1)

苗の植え付け時

 

 

nasu (2)

約1週間で、元気に活着します

 

 

■根を傷めた

 

植え付けをする時に、根鉢が崩れたり、苗を乱暴に扱って根を傷めると、
元気がなくなったような症状が出ます。

 

ナスは根を傷めると回復に時間がかかります。
根が傷んでいると、土の中にある水分や養分をうまく吸いあげられません。

 

地下部分の根の元気がないと、地上部の元気はなくなります。
植え付ける時は、根を傷めないように気を付けましょう。

 

購入した時点で根が傷んでいることもあります。
特に、長期間在庫として店頭に並んでいた苗は、
ポットの底穴から長く根が伸びてしまい、茶色く変色していることがあります。

 

健康な根は白くてキレイな色をしています。
茶色くなっている部分は、本来の根の機能を果たしていないことが多く、
健康な根まで蝕んでいく可能性もあります。

 

購入した後、なかなか植え付けるタイミングが見つけられず、
長い間保管している場合も同様の症状が出る場合があります。

 

環境に慣らすため、購入から数日の間は植え付けない方法もありますが、
あまり長い間植えずに保管するのは良くありません。

 

一番花の蕾がついていないなど、特別な理由がない限りは、
購入から3~5日以内には植え付けるのが苗を健全に保ちます。

 

 

■苗が悪かった

 

購入した時点で、あまり良くない苗だったという可能性があります。
パッと見ただけでは、問題がなさそうな苗であっても、
実は調子を悪くしている場合があります。

 

根の張りや、揺らしてみてぐらつかない、全体的にしっかりとしているなど、
良い苗の条件に当てはまるものを選ぶようにします。

>>ナス 苗の選び方

 

いくら慎重に選んだとしても、突然調子が悪くなる場合もあります。
この場合は、人間の力ではどうしようもないので、仕方ありません。

 

様子を見て、生育しそうであれば養生をしますが、
悪くなるようであれば、早めに諦めて新しい苗を植え付けた方が得策です。

 

 

■病気にかかっている

 

萎凋病や青枯れ病などの病気にかかっていると、
日中に葉がしんなりと萎れたようになり、元気がないように見えます。

 

この場合は、夜になると葉が元の元気な状態に戻り、
また翌日が晴天だと萎れる症状が出ます。

 

萎れたり元気になったりを繰り返した後、萎れたまま戻らず枯れるため、
手のほどこしようがありません。

 

病気は、進行が早いため購入時から感染しているというよりも、
植え付けた後に感染している場合がほとんどです。

>>ナスの病気-概要

 

連作を続けていたり、以前に同じような病気にかかった場合は、
土壌消毒が必要になります。

 

病気に強い接ぎ木苗で回避できる場合もあるので、
苗選びの時の選択肢に入れておくのがお勧めです。

 

症状が出た株はすぐに処分しますが、
同じ場所にすぐに新しい苗を植え付けるのはやめておきます。

 

感染株が植えられていた場所には、原因菌が土のなかに多くいます。
同じ場所にナス苗を植えても、また感染する可能性が高くなるので注意します。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :  

ナス栽培Q&A

ナス 台風対策

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


taihu (2)

ナス栽培の最中に台風がくることがあります

 

 

台風といえば、豪雨や暴風が起こります。

豪雨や暴風時に、育てているナスはどう保護すれば良いのでしょうか。
また、台風が去った後はどのように手当をすれば良いのでしょうか。

 

 

[ナス 台風対策]

 

 

■台風が来る前

 

まずは台風が来る前に、台風に備えて準備をしておきましょう。
実際に台風がくるまで、どこまで強い風が吹くのか、
どれだけ長時間雨が降り続けるのかは分かりません。

もしかしたら急に進路を変えることもあります。

 

それでも事前に準備しておくことで、
大型台風がやってきた時に、被害を最小限にとどめることができます。

 

大きな被害が出てからでは、対処できないこともあるので、
楽観せずに準備を怠らないようにしましょう。

 

・支柱の補強
なにはともあれ、支柱が倒れてしまってはいけません。
支柱が倒れると、支えている枝まで巻き込んでしまい、折れることもあります。

 

すでに支柱を立てている状態になっているはずですが、
再度紐などで結んでいる部分が緩んでいないかを確認します。

 

もし緩んでいる場所があれば、結びなおしておきましょう。
2本の支柱をクロスしただけの状態であれば、
さらに支柱を増やしてしっかりと紐で結んで補強します。

 

 

bouhuunetto

ダイオ防風ネット 2×5m C)園joy-marutoyo

 

 

・防風ネット
園芸店やホームセンターなどに行くと、防風ネットというものが売られています。
ある程度にカットしたものや、必要分カットする量り売りのものもあります。

 

暴風ネットは、基本的に株の周りに設置します。
支柱などを立てて、そこに結んでナスを囲います。

 

露地栽培、プランターなど栽培で避難できない場合も、
防風ネットで囲うことで、風害が軽減できます。
家庭菜園用の小さいサイズも売られています。
 

 

nasu

台風前に実は収穫しておきます

 

 

・実の収穫
枝に重い実がなっていると、それだけでも枝に負担がかかります。
また風に揺れることで実が傷付きやすくなり、ヘタがちぎれるともあります。

 

清潔なハサミを使って切ったわけではない切り口からは、
雨や風を受けて菌が入りやすくなり、病気の原因になります。

 

また、重い実が下がっていると、枝ごと揺さぶられることにもなりかねません。
トゲの鋭いナスは、すれて傷ついてしまいます。

 

台風が近づいてきたら、収穫できそうな実をすべて収穫してしまいましょう。
先に収穫しておくことで、実は良い状態で収穫できますし、枝の負担も減ります。

 

・鉢、プランター栽培
鉢やプランターで容器栽培をしている場合は、
台風の前日に室内に取り入れてしまう方法があります。

 

室内なので日当たりは悪くなりますが、
台風の間は天気が悪いことがほとんどですし、
1日や2日くらいなら室内に置いても問題ありません。

 

風や雨が心配なら、いっそ室内に避難させておく方が安心できます。
移動ができる容器栽培ならではの台風対策です。

 

 

■台風が去った後

 

激しい雨風の台風が過ぎた後、被害がなければ問題ありませんが、
対策をしていても被害が出ることがあります。
台風が過ぎたら、ナスを入念に調べて手入れをしておきましょう。

 

・元に戻す
台風対策のためにかけていた暴風ネットをはずします。
補強した支柱は、邪魔にならないのであればそのままでも構いません。
もし邪魔になるのであれば取り外して元に戻しておきます。

 

室内に取り入れていた鉢やプランター栽培のナスも、
外の日当たりの良い場所にまた戻しておきましょう。
数日の日照不足は生育に問題ありませんが、期間が長いと生育不良になります。

 

・傷んだ部分の除去
風であおられて葉や枝が傷むことがあります。
傷んだ部分を無理に残しておくと、
雑菌が入ることがあるので、清潔なハサミで切り取っておきましょう。

 

・土寄せ
風で株ごと揺れたりすると、株元がぐらぐらになって根が露出することがあります。
そのままにしておくと良くないので、軽く土寄せをしておきます。

容器ごと倒れてしまったものも、こぼれて減った分の土を足しておきます。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス 開花数を増やす

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


nasu041
ナスの開花数を増やす方法は?

 

 

ナスを育てていて、花が咲かないと実も収穫できずがっかりします!
多くの花を健康に咲かせるためには、大切なことがいくつかあります。

 

どれも基本的なことなので、日常的に気をつけて栽培すると、
おいしいナスができ、収量がぐっと増します。

 

 

■ナスを健康に育てるために

 

なんといっても、ナスの蕾を落とさず、思うように咲かせるためには、
ナスの樹を健康に育てることが第一です。

 

健康に育てることで株が充実し、枝が良く伸び、花芽もつきます。
株に十分に体力があれば、開花後に着果しても実がぐんぐん育ちます。

 

ナスを丈夫に育てるためには、特に難しいことは何もありません。
基本の管理をきちんとしていれば育ちます。

 

1.日当たり良く
ナスは太陽の光が大好きです。
日当たりの悪い場所では育たないとよく聞くかと思いますが、
どの程度の日当たりの悪さなら育ちにくくなるのか分かりませんね。

 

最も良い状態は、周りに遮蔽物など建物が何もなく、
朝日から夕方くらいまで一日中、日光が当たる場所です。

 

西日に当たっても、ほぼ問題はありませんが、
夏の西日は強すぎるので、当たらない方が良いことがあります。

 

しかし、そこまで日当たりが万全な場所も、
家庭菜園ではなかなか見つけるのが難しいかと思います。

 

なので、朝から午後3時頃まで、
できるだけ日の当たる場所というのが理想に近い環境です。

 

午前中だけ日の当たる場所は、半日陰と呼んで日当たりが良いとはいえません。
半日陰は、他の日陰を好む草花や耐陰性のある植物にとっては良い環境ですが、
ナスにとっては、日光が不足し育ちにくい環境です。

 

ナスは日当たりのとても良い場所で育てていたとしても、
天気の悪い日が続くだけで調子を崩すこともあります。

 

それだけ光を求める性質があるため、多くのの花を咲かせたいのであれば、
できる限り日当たりの良い場所で育てることが必要になります。

 

ナスは、半日陰や日陰の環境では、生育が遅くなったり、
やや徒長気味になったとしても、枯れることはあまりありません。

 

実もやや小さくなっても、収穫までこぎつけることができます。
ただし、花数を増やし、適度のサイズの実を収穫するには無理が出ます。

 

2.水やりを適切に
ナスにとっては、水も大切な要素です。
ナスは葉が大きく、根から吸いあげた水分を蒸散する量が多いです。

 

花を咲かせるためにも、花芽を作ったり蕾を大きくするために水分が必要です。
さらには花が咲いた後、実がなる時にも大量の水を必要とします。

 

このように、ナスは生育のどの段階でも水分をたくさん必要とするため、
水切れを起こさないように育てる必要があります。

 

水切れを起こすと、せっかくついた蕾が落ちることもあるため、
花数を増やし実を増やすことができません。

 

かといって、いつも水が湿っていれば良いわけではありません。
根の周りの土に湿り気があり、それを根が吸うことで周りの土が乾く。

 

土がほぼ乾いたら水やりをすることで土が湿り、
根が水分を吸収するというサイクルが根を丈夫にし生育を良くします。

 

必要以上の水分が常にあると、根が傷んでしまいます。
地下の根が傷めば、地上部の枝葉や花もうまく育たなくなります。

 

特に苗が小さいうちは、夜間に土が湿りすぎていると、徒長する原因となります。
株がまだ小さいうちは、まだ気温も高すぎることもなく、
葉の数も少ないため、思っているより土が乾かないことがあります。

 

水やりをする前には必ず土の状態を確認し、
湿っている場合は水を与えないようにしましょう。

 

 

nasu (2)

2016年5月4日に植え付けたナス

 

 

3.肥料を切らさずに
ナスは枝を伸ばしで葉を開き、蕾をつけて花を咲かせ、実をつけて肥らせます。
どの生長過程でも、ナスにとってはとても体力のいることです。

 

生長するためには養分が必要不可欠です。
ナスはとくに肥料が切れてしまうと、枝や葉が伸びなくなるばかりか、

 

ついている花がぽとりと落ちてしまったり、
着果しても小さいまま大きくならないことがあります。

 

定期的に追肥を行い、肥料は切れないように注意しましょう。

 

特に鉢やプランターで育てていると、
水やりをした時に容器の底から余分な水が出ます。

この時に水に染み出た肥料の成分も一緒に流れて出てしまいます。

 

必要以上に水やりをすると、必要な肥料成分も一緒に流すことになり、
定期的に追肥をしていても肥料不足のサインが出ることがあります。

 

水やりをする時は、必ず土の表面が乾いてから行い、
肥料切れのサインが出た時は、
即効性のある液体肥料を水代わりに与えて様子を見ます。

 

 

■ナスの樹勢診断をする

 

ナスがしっかり育っているかどうかは、株を見ていると分かります。
日頃から、ナスの樹勢診断をするようにします。

 

肥料切れや水切れ、病気や害虫の被害に合っていたり、
日当たりが悪いなど環境が合っていないと、ナスは調子を崩します。
サインを見逃さないようにこまめにチェックするようにしましょう。

 

1.葉を観察する
葉の色が変色していたり、虫にかじられたような痕がないかを見ます。
葉の色が全体的に薄い場合は、肥料不足かもしれません。

 

また病斑が出ている場合は、何か病気にかかっている可能性があります。
また水やりをしたのに葉が萎れたようになっている場合は、
病気にかかっている可能性や根が傷んでいる可能性があります。

 

2.枝を観察する
枝は伸びていればそれでいいというわけではありません。
節と節の間が妙に長い場合は、徒長しています。

徒長は、苗が小さいときに土が湿り過ぎたり、日当たりが悪いことで起こります。
一度徒長した株は、なかなか正常に戻すことができないので、注意しましょう。

また、枝は伸びるのに花芽がつかない場合は、窒素肥料が多い可能性があります。

 

3.花を観察する
花を見ると、ナスの栄養状態が良く分かります。
花の中にある雌しべと雄しべのうち、雌しべの方が短い場合は、
肥料不足になっています(=短花柱花)。
また、花弁の色が薄い場合も肥料不足の可能性があります。
*8の画像など詳しくは、こちらをご覧ください。
>>ナス 短花柱花とは?

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培Q&A