ナス 育て方

ナスの育て方.com

クリーミー揚げナス

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


クリーミー揚げナス

 

 

クリーミー揚げナスは、サントリーフラワーズから最近販売された品種です。
名前の通り、こちらのナスは「揚げる」という調理法に適したナスで、
天ぷらや、揚げナス、揚げ浸しなどの料理に適しています。

 

クリーミー揚げナスの特徴と栽培のコツをご紹介していきます。


 

タグ :

ナス 品種

とろとろ炒めナス

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


とろとろ炒めナス

 

 

とろとろ炒めナスは、その名前の通り、炒め物に適したナスです。
調理して食べることを重視してつくられたこの品種は、
煮崩れせず、とろとろな食感を味わえます。

 

とろとろ炒めナスの特徴と栽培のコツをご紹介していきます。


 

タグ :

ナス 品種

小五郎 

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


kogorou
小五郎

 

 

ナスの実の形は、品種によってそれぞれ異なりますが、
この「小五郎(こごろう)」はヘタ近くが太めの長めの卵形になります。

 

収穫中期以降も草勢が持続する品種なので、
作りやすいので結果的に収量も多くなります。

 

 

[小五郎]タキイ種苗

 

 

■小五郎の特徴

 

・実は、ヘタ近くの実の周りが他のナスよりも太めで、長い卵形の品種です。
・実のそろいがよく、秀品率も高い品種です。
・実の色は濃い黒紫色で、「千両二号」よりもツヤがあります。
・色がボケた艶のない実が少ない品種です。
・果肉は「千両二号」よりやや緻密です。
・果皮はやわらかくて品質が良い品種です。
・草姿は立ち気味の中立性です。
・枝はやや太めの品種です。
・節間の長さは幾分長く、葉の大きさは中葉の品種です。
・草勢は旺盛です。

 

 

■小五郎の栽培のコツ

 

●定植まで
育苗の目安は、栽培方法によって変わります。
半促成栽培やトンネル栽培では、90日前後が育苗の目安です。

 

露地早熟栽培では80日前後、露地抑制栽培では60日前後が、
育苗の目安となります。

 

どの栽培方法でも定植は、1番花が開花する前後の苗が適しています。

 

ナスは地中深くと、広い範囲に根を張ります。
小五郎は草勢も強いので、隣接株と土の中でけんかをしないように、
畝幅は180cm前後、株間を最低でも60cm前後とり、1条植えにします。

 

深植えに注意して定植します。

 

●接ぎ木での栽培
土壌病害の回避と収量を増やすために、接ぎ木栽培をお勧めします。
夏秋栽培用の台木は、青枯れ病に強い台木を選びます。

 

半身萎ちょう病の心配がある場合は、半身萎ちょう病に強い台木を使います。
また、ホームセンター、園芸店、ネットで接ぎ木苗を購入できます。

 

●施肥管理
元肥は1㎡当たり成分量で、
窒素(N)250g前後、リン酸(P)300g前後、カリ(K)230g前後
が適当です。

 

気温の高い露地抑制栽培では、
窒素(N)150g前後、リン酸(P)300g前後、カリ(K)230g前後が適当です。

 

追肥は1番果の収穫時ごろが初回になります。
1回の追肥量は、1㎡当たり窒素(N)成分量で30gが目安です。

2回目以降の追肥は、
草勢や花の状態を見ながら12日前後間隔をあけて行います。

 

●ホルモン処理
低温時期は受粉できないことが多いので、
ホルモン処理をして着果させます。

 

トンネル栽培では、
トンネルを除去した後の15日前後まではホルモン処理を続けます。

 

露地栽培でも、3番花くらいまでをホルモン処理を行うと
確実に着果し、収穫につながります。
>>ナス 受粉のコツ

 

●枝の誘引
初めのころの整枝は主枝を3本仕立てとします。
株が大きくなったら、太めの枝を5~7本選び、
それらを主枝として誘引していきます。
>>ナス わき芽かき 摘芯

 

●適作型
以下の時期を目安としてご利用ください。
どの栽培型でも、
3番果くらいまでは早取り(数センチ程度)します。
もったいないかもしれませんが、
早取りした株は丈夫になり、収量も上がります。

 

<半促成栽培>
播種:前年の10月初旬~11月下旬ごろ
ハウスに定植:1月中旬~3月初旬ごろ
収穫時期:2月中旬~4月頭ごろにスタートし、7月初旬~8月中旬ころまで

 

<トンネル栽培>
播種: 前年12月下旬~2月頭ごろ
トンネル内に定植:3月下旬~4月下旬ごろ
収穫時期:4月中旬~5月下旬ごろにスタートし、10月半ば~11月初旬ころまで

 

<露地早熟栽培>
播種: 2月頭~2月下旬ごろ
定植:4月下旬~5月中旬ごろ
収穫時期:5月下旬~6月中旬ごろにスタートし、10月半ば~11月中旬ころまで

 

<露地抑制栽培>
播種:4月半ば~6月半ばごろ
定植:6月半ば~8月半ばごろ
収穫時期:7月初旬~9月初旬ごろにスタートし、10月末~11月中旬ころまで

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :

ナス 品種

水ナス

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


mizunasu2

水ナス

 

 

水ナス(水茄子、みずなす)といえば関西!
というくらい水ナスは、関西ではメジャーなナスです。

 

関西在来の水茄子は、デリケートで育てるのが大変な品種でしたが、
タキイ種苗が育てやすく品種改良したのが「水ナス」です。

 

水ナスは名前の通り、水分をたっぷり蓄えた果実の品種です。
果皮が柔らかいので、浅漬けにもってこいの品質です。

 

 

mizunasu

見栄えも良いので人気の品種です

 

 

[水ナス]タキイ種苗

 

 

■水ナスの特徴

 

・長卵形のナスで、極早生品種です。
・収量と果実の色は「千両二号」と同じくらいです。
・初期から多収の品種です。
・つやがない色ボケ果の発生が少ない品種です。
・「千両二号」と同じ中程度の節間です。
・草勢も「千両二号」と同くらい旺盛です。
・分枝が早い品種です。
・草姿は中開性の品種です。

 

 

■水ナスの栽培のコツ

 

・定植は開花中の苗が最適です。開花していない若い苗の定植は避けます。
・ビニールなどのマルチ栽培をすることで、過度の乾燥やと過度の湿気を避けます。
・傷果ができないよう、防風ネットや誘引をします。
・葉色が他のナスよりも濃い品種です。
追肥のタイミングを逸しないよう、草勢の判断をこまめに心がけ、対応します。
・草勢判断は、千両二号の草勢判断に沿います。
分枝が早い品種ですので、千両二号よりもやや遅めに対応しても間に合いますが、
心配でしたら千両二号と同時期に対応しても問題ありません。
・追肥は、第1果の収穫のころを目安に始めます。
・収穫の最盛期の追肥は、7~10日おきに草勢を見つつ施肥します。

 

●適作型
千両二号と基本的に同じです。目安としてご活用ください。

 

<半促成栽培>
播種:前年の10月中旬~12月中旬ごろ
ハウスに定植:1月中旬~3月頭ごろ
収穫時期:2月下旬~3月下旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<トンネル栽培>
播種: 1月初旬ごろ
トンネル内に定植:4月頭ごろ
収穫時期:5月中旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<露地早熟栽培>
播種: 2月下旬ごろ
トンネル内に定植: 5月初旬ごろ
収穫時期: 6月中旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<露地抑制栽培>
播種:5月下旬ごろ
定植:7月中旬ごろ
収穫時期:8月下旬スタートし、10月末~11月中旬ころまで

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :

ナス 品種

とげなし千両二号

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


togenasisenryo2takii

とげなし千両二号

 

 

「とげなし千両二号(とげなしせんりょうにごう)」は、
夏秋栽培のナスの代表選手である、
千両二号」のトゲが出ないように品種改良した品種です。

 

とげなし千両二号は1994年に育種が開始され、
世に出たのは2007年でした。

 

もう10年以上栽培されている品種で、
品種登録名は「とげなし湘南1号」といいます。

 

なお、とげなし千両二号ととげなし千両の違いですが、
とげなし千両二号はやや長めの長卵形の実で節間が長めの品種です。
トンネル栽培や露地栽培に適しています。

 

一方、とげなし千両は、横太りの長卵形の実をつけ、節間が短めです。
ハウス栽培に適しますが、あまり株丈が伸びてほしくない方にも、
とげなし千両はお勧めの品種です。

 

では、千両二号ととげなし千両二号の相違点にもふれつつ、
とげなし千両二号をご紹介します。

 

 

[とげなし千両二号]タキイ種苗

 

 

■とげなし千両二号の特徴

 

・萼(がく)、茎や葉などの植物体にトゲがない品種です。
・果実の形は「千両二号」と同様に長卵形の品種です。
・トゲがないので、ヘタのトゲによる傷果が少なくなります。
・「千両二号」と同様に果ぞろいがよい品種です。
・「千両二号」と同じく、果実の色は濃い黒紫色です。
・「千両二号」と同様にツヤがあり、色ボケ果の発生は少ない品種です。
・果皮はやわらかく、炒め物、煮物、焼き茄子、漬物等、用途が広い品種です。
・節間は幾分長めの品種です。
・「千両二号」と同様に極早生品種です。
・草勢は「千両二号」よりやや大人しいので、草勢の維持に注意が必要です。

 

 

■とげなし千両二号の栽培のコツ

 

「千両二号」に準じますが、「千両二号」より草勢が大人しめなので、
早めの肥培管理が栽培のポイントとなります。

 

●接ぎ木栽培
青枯病に強くスタミナのある草勢の強い台木を選ぶと、
土壌病害回避・良品多収が望めるので、接ぎ木栽培はお勧めです。

 

●定植苗までの管理
・とげなし千両二号は栽培適応力のある品種です。
・栽培後半まで草勢を維持するには肥沃で保水性の高い、水田跡地が最適です。
・畑地圃場で栽培する場合、できるだけ深耕します。
・深耕すると同時に多く堆肥を圃場に入れ、保水性を高めておきます。
・潅水チューブの設置も草勢の維持が容易になる手段として有効です。
・「千両二号」よりも草勢が大人しめなので、元肥量は「千両二号」より1~2割多めにします。
・1㎡当たりの元肥基準施肥量は、
成分量で窒素(N)25~30g、リン酸(P)30~35g、カリ(K)25~30g程です。
堆肥では1㎡当たり3㎏、苦土石灰(CaCO3+MgCO3)は80~100g鋤き込みます。
・千両二号よりも、幾分早めに定植します。
・初期の株作りと根の活着を促すために、
定植苗は一番花の蕾がふくらみ、紫色に着色する前の苗が最適です。
・活着が遅れたり、定植最適時期を逃した苗を定植する場合、

1番果を切除し、苗の栄養成長を促進させるように管理します。
・長期獲りの場合、畝幅を2m前後で1条植えにします。
・誘引は千両二号と同じようにし、整枝は主枝を3本仕立てにします。
・防風対策も千両二号に倣って行います。

 

●梅雨明け前までの管理
・1番果の収穫数日前から始めて、草勢を見つつ10~14日おきに施します。
草勢の低下がないかなどチェックしつつ、途中からは追肥間隔を決めます。
草勢の強弱の判断や対応は、千両二号に準じますが、
草勢が千両二号よりおとなしいので、千両二号よりも気持ち早めに対応します。
・追肥は粒状の化成肥料の場合、1回あたり、1㎡当たり成分量で窒素(N)3gとします。
・整枝は太めの枝を4~6本、主枝に選び、誘引します。
秀品収穫と草勢維持を図るため、整枝栽培をお勧めします。
整枝方法は、側枝の一花目の先端に葉を1枚残して摘芯します。
一果目の収穫時に二次側枝を一芽残して切ります。
残した二次側枝が伸びたら、二次側枝の一花目の先端に葉を1枚残して摘芯し、
二次側枝の一果目の収穫時に三次側枝を一芽残して切ります。
この後は同じように摘芯・収穫・切り戻しを続けます。

 

●梅雨明け後の管理
・梅雨明け後の高温乾燥期に、首細果や色ボケ果の発生傾向が高まります。
この原因は、成り疲れによる草勢低下、過繁茂、水分不足です。
・草勢低下と過繁茂を防ぐには、早めに細い枝や古い葉、傷んだ葉を取り除きます。
・乾燥と地温上昇を防ぐために梅雨明け前より敷きわらをします。
・潅水とタイミングの良い追肥をすることで草勢維持が容易になります。

 

●適作型
千両二号と基本同じです。目安としてご活用ください。

 

<半促成栽培>
播種:前年の10月中旬~12月中旬ごろ
ハウスに定植:1月中旬~3月頭ごろ
収穫時期:2月下旬~3月下旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<トンネル栽培>
播種: 1月初旬ごろ
トンネル内に定植:4月頭ごろ
収穫時期:5月中旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<露地早熟栽培>
播種: 2月下旬ごろ
トンネル内に定植: 5月初旬ごろ
収穫時期: 6月中旬にスタートし、10月中旬ころまで

 

<露地抑制栽培>
播種:5月下旬ごろ
定植:7月中旬ごろ
収穫時期:8月下旬スタートし、10月末~11月中旬ころまで

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :

ナス 品種

AX