ナス 育て方

ナスの育て方.com

ナスの花言葉

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


nasu-hana01
ナスの花を見たことがありますか?

 

 

ナスを育てたことがある方は見慣れていると思いますが、
スーパーで並んでいるナスからは少し想像できない花かもしれません。

 

花びらは薄紫色をしていて、中心には黄色い雄しべがあります。
その雄しべの中心には、少し飛び出した雌しべがあり、
雌しべの先端は少し丸みを帯びています。

 

ナスの花は下を向いて咲いていることが多いため、
雌しべや雄しべは覗き込まないと見えないのですが、
生長具合を確認するのに重要な部分です。

 

花の大きさからは想像できない大きさの実がなるナスは、
どのような花言葉がついているのでしょうか。

 

 

nasu-hana02
成長期には次々と花をつけます

 

 

■ナスの花言葉

 

ナスにはとてもたくさんの花言葉がつけられています。
よい語らい」「優美」「希望」「真実」「つつましい幸福」などです。

 

花には言葉以外にも、誕生花というものも決まっています。
ナスの花は実にたくさんの日の誕生花となっています。
6月8日、7月20日、7月31日、9月11日、10月10日です。

 

他の植物の花も、花言葉や誕生花として複数の日がついているものもあります。
野菜の花でこれほどの言葉と誕生花をつけられているのは珍しいです。

 

それくらい、人間にとって身近な野菜なのかもしれません。
ナスの花自体が花屋さんに並ぶことはほぼないため、
これだけたくさんの誕生花になっていたとしても、
ブーケにしてプレゼントするのは難しそうです。

 

 

hozuki01

ホオズキの花言葉がかわいそうです

 

 

hozuki02

ホオズキの花

 

 

◎ナス科植物の花言葉
ナスといえばナス科の野菜です。
ナス科にはナスの他にもたくさんの野菜や植物があります。

 

その中で、日本人に親しまれているナス科の他の野菜には、
どのような花言葉がつけられているのでしょうか。

 

シシトウ=厄介な感情
ピーマン=同情、海のめぐみ
ジャガイモ=慈愛、情け深い
トウガラシ=旧友
トマト=完成美、感謝
ホオズキ=偽り、ごまかし

 

こうしてみると、ナス科の野菜というのはたくさんあるものです。
同じナス科としてなじみがあるのは、
ピーマンやトウガラシ、シシトウ、トマトあたりでしょうか。

 

意外なのはジャガイモとホオズキですね。
パッと見た感じは他のナス科とは少し違っているように見えます。

 

特にジャガイモは可食部が地下にできるので、
地上部に実がなる他のナス科の野菜とは雰囲気が全く異なります。

 

けれど、実際に花を見てみると、やはり同じナス科なのだなと納得できます。
同じナス科でも、トマトやジャガイモのようなプラスのイメージのものがあり、
シシトウやホオズキのように、マイナスイメージのものもあります。

 

それでもなんとか理解できそうな花言葉ばかりですが、
中でもどうしても解せないのがピーマンです。
同情はともかく、海のめぐみとは?

 

ピーマンからはまったく海のイメージがわかないので、
この花言葉だけはちょっと納得しづらいです。

 

同じナス科であっても、花言葉も色々と違っていておもしろいですね。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス

ナス 肥料過多

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


nasu-new07

ナスは肥料食いと言われますが、肥料の与え過ぎも良くありません

 

 

ナスが必要とする肥料成分や追肥の時期があります。
必要でない成分を多く与えたり、あまり肥料を欲しがっていない時に、
大量に肥料を与えたりすると、やはり生育に支障が出てきます。

 

ナスが肥料過多の状態になると、
具体的にどのようになるのか、対策するのかをご説明します。

 

 

[ナス 肥料過多]

 

 

■ナスの肥料過多の症状

 

ナスは気温が高くなって生育が順調だと、次々と花を咲かせて実をつけます。
枝や葉を大きくし、花も咲かせて実も育てるとなると、確かに肥料が必要になります。
規定通りに追肥をすれば、ナスは肥料過多を起こすことはありません。

 

どちらかというと、肥料不足で悩まされることが多い植物ですが、
それでも必要以上の肥料を与えていれば、いつかは肥料過多になります。

 

ナスの肥料過多の症状を覚え、適切に施肥できているかをチェックしてみましょう。

 

・色が濃くなる
肥料の中でも、特に窒素が多いと起きやすい症状です。
ナスも品種によって、葉の色も多少の違いがあります。

 

濃い緑が標準なもの、薄い緑が標準なもの、白っぽい緑が標準なものと、
標準的な葉の色も品種によって違います。

 

そのため、一概に葉の色が濃い薄いと判断するのは難しいのですが、
苗についていたタグの写真や、品種をネットで調べると、画像が出てきます。

 

画像を参考にして、葉色の具合をチェックし、濃淡を確かめましょう。
新芽の部分は、紫色が濃く出る場合が多いですが、
それ以外の葉が極端に色濃くなっている場合は、肥料過多が疑われます。

 

 

nasu-new04

葉の色や葉脈の色をチェックします。このとげなし千両2号は適切な状態です

 

 

・葉が変色する
肥料不足になった時、葉の色が薄くなることがあります。
これと同じように、肥料過多の状態になっても、葉が変色する場合があります。

 

第一は、土の肥料濃度が高くなり、根が傷んだときの葉先の褐変です。
いわゆる肥料焼けといわれる状態で、根を傷めたことによって、
葉先が茶色く変わり、焼けたようになります。

 

第二は特定の肥料が多いことで起こる変色です。
葉脈の間がまばらに黄色く変色し、
少し葉の表面が縮れたようになるのは、リン酸が多い時です。

 

葉脈の間に、茶色い斑点が出るのは、マグネシウムやマンガンが多い時です。
このように、肥料全体ではなく、特定の成分が多い場合も、ナスはサインを出します。

 

・葉が内側に巻く
特に生長点に近い部分の葉で起こる症状です。
内側に巻くのは、肥料が効きすぎているサインです。

 

・葉が大きい
葉の色が濃いのと同様に、葉が大きいのも窒素が多い時によく出る症状です。
ナスの葉は意外と大きくなりますが、
それでもあまりに大き過ぎる葉は、過剰な肥料によって出た症状です。

 

 

nasu001

葉色、葉脈、花色が濃く、肥料過多の状態です

 

 

・花の様子がおかしい
ナスは花の状態を見ることで、肥料が不足しているか過剰が知ることができます。
花びらが大きくて色が濃い時、
花の中心にある雌しべがかなり長い時は、肥料過多のサインです。

 

また、蕾が横に広い形をしていたり、
茎が何本がくっついたように広がっている状態を帯化と呼びます。
帯化の原因も、肥料過多である場合が多いので注意が必要です。

 

・花付き、実付きが悪い
枝は伸びるけれど、花付きが悪かったり、
花は咲くものの着果不良を起こす場合は、肥料過多の場合があります。

 

この症状は肥料不足でも出る症状なので、他の症状と総合して判断します。
誤って判断すると、肥料過多の状態なのに肥料をさらに追加してしまったり、
肥料不足なのに控えてしまったりと、対処を間違えることがあります。

 

 

nasu03

葉が大きく育ち肥料負けしそうなナスの苗

 

 

■肥料過多の対処法

 

肥料過多にも種類があります。
肥料全体を与えすぎている濃度が高くなっている場合、
窒素が多くて葉や枝が茂りすぎている場合、
リン酸やマンガンなど特定の成分が過剰な場合などなど。

 

状態に合わせた対処法で、症状が改善して生育不良から脱出しやすくなります。
症状をよく確認して、何が原因かを確定してから対処法を試してみましょう。

 

・肥料濃度が高い場合
土の中の肥料濃度が高い場合は、まず水で薄めることから始めます。
いつもの3倍くらいの水を数日間続けます。

 

こうすることで、土の中の肥料成分が水に溶けて排出され、濃度が下がります。
特に鉢やプランターなどで育てている場合は、余分な肥料成分を含んだ水が、
容器の外に出るので、効果が高い方法です。

 

・窒素が多い場合
窒素が多い場合、水を控えることで吸収を抑えることができます。
ただナスの場合、水を控えると石ナスやボケナスといった症状が出ることがあります。

 

その場合、食用のお酢を散布することで軽減することができます。
食酢を500倍に薄め、葉面などに散布します。

 

葉の表面や裏から食酢を吸収することで、
根から過剰に窒素を吸収するのを防ぐ方法です。

 

 

nasu-new09

やや肥料が多いナス

 

 

isinasu (2)

石ナス状態のナス

 

 

・リン酸が多い場合
リン酸の過剰障害が出るのは稀ですが、なくはないことです。
特にリン酸のみを大量に与えていると、起きやすくなります。

 

また、窒素と同じように、リン酸も土に蓄積されている場合があるので要注意です。
まずはリン酸分の施肥をストップします。

 

リン酸も水溶性のため、水を控えたいところですが、
ナス栽培では水を控えるのは気が引けます。

 

アメリカでは、リン酸と結合しやすいアルミニウムを散布することで、
吸収を阻害する方法が研究されています。

 

・その他微量成分が多い場合
マグネシウムやマンガンが過剰になる場合、
土の酸度が酸性に傾いていることが原因である場合があります。

 

この場合は、苦土石灰を施すことで中和することができます。
また、苦土石灰に含まれるカルシウム分が補充されることで、
土中の栄養バランスが整えられます。

 

排水不良によって、不要な成分が流れずにとどまることで症状が出ることもあります。
苗を植える時は、土の水はけを良くしておくようにしましょう。

 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方

・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ : 

ナス栽培Q&A

ナス プランターの育て方

読了までの目安時間:約 13分

 

スポンサードリンク


■ナス 栽培スケジュール

 

nasu-Schedule4

 

 

■ナス 栽培データ

 

英名・学名 eggplant・solanum melongena
形態 多年草(日本では一年草扱い)
原産地 インド東部
草丈/樹高  80cm~100cm
収穫期 6月下旬~9月
栽培難易度(1~5)  3
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途  長期収穫が可能

 

 

nasu1

ナスを育てたいが、ベランダしかない、地植えのスペースがない場合には、
プランターでも、ナスをじゅうぶんに育てることができます

 

 

プランター栽培はちょっとしたコツさえつかめば、
比較的簡単に、おいしい秋茄子まで収穫できます。
*より詳細を知りたい場合は、青いリンクのページをご覧ください。

 

■ナス プランターの育て方

 

・種まきからの場合
ナスは暑い地域が原産で、発芽温度が高く、寒さに弱い性質があります。
そのため、プランター栽培でも育苗には手間がかかるので、
初心者の方やスペースが狭い方は、市販苗を育てることをお勧めします。

 

中級者以上の方や、育てる株数が多い方は、
種から育てるのにチャレンジしても、楽しみです。

 

ナスは種播きから定植までの育苗期間が、だいたい80日~90日ほどです。
そのため、種播きの適期は、植え付け時期によって変わります。

 

気温が十分に上がり、遅霜の心配がない5月上旬頃に植え付けたい場合、
その80日~90日前に種播きするため、2月~3月頃に種播きします。

 

ただし、ナスの発芽温度は20度~30度なので、
この時期に種播きをする場合は、加温する必要があります。

 

加温せずに、気温が高くなってから種播きをする場合は、
4月下旬~5月上旬が種播きの適期です。

 

種播きが遅い分、収穫開始が遅くなりますが、
そのまま秋まで、ずっと収穫を楽しむことができます。
>>ナス 種からの育て方

 

・苗を選ぶ場合
苗からナスを育てる場合は、まずは良い苗を選ぶことが大切です。
良い苗を選ぶことで、その後の育ち具合や収穫できる量が格段に違います。

 

プランターに弱い苗を植え付けると、うまく育たず、途中で枯れてしまうこともあります。
苗選びはできるだけ慎重に行い、できる限り良い苗を購入しましょう。

 

 

nasu-nae2

 

良い苗とは?
・本葉が7~9枚以上あり、子葉(双葉)がまだついている
・葉の色が大きく色が濃く、厚みがある
・全体ががっしりとしていて、茎が太い
・節と節の間が詰まっていて、徒長していない
・葉や茎などに傷がない
・病害虫の痕跡がない

 

これらの苗を選ぶポイントの他にも、
連作や病気に強い接ぎ木苗がお勧めです。

 

・植え場所(栽培環境)
ナスは、とっても太陽の光が好きです。
日当たりが悪い場所で育てると、全体の色が薄くなり、育ちが遅くなります。

 

プランター栽培でも、日当たりの悪い場所で育てると、花付き・実付きも悪くなり、
その結果、少ししか収穫できずにシーズンが終わることもあります。
できる限り日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

 

また、ナスの葉は1枚1枚が大きく、
それが何枚も茂るので、風通しが悪くなりやすいです。

 

とくにプランター栽培では、風通しが悪くなると、
病害虫の原因となるので、置き場所にも注意します。

 

・プランターと土の準備
ナスはよく根を広げる上、生育スピードがピークに達すると、
相当量の水を要求するようになります。

 

そのため、プランター栽培では、できるだけ大きなプランターを準備しておきます。
深型菜園プランターなど、深さ30cm長さ60cm奥行25cm容量30リットルくらいあれば、
2株を育て、秋茄子も収穫することができます。

 

 

planter

深型菜園プランター、容量30リットルがお勧めです

 

 

また、プランター栽培に使う用土は、市販されている野菜用培養土が便利です。
市販の培養土は、すでに酸度も調整され、元肥も含まれていて、
野菜を育てるのにちょうど良い土に仕上げられています。

 

 

yasaiyoubaiyoudo
野菜用培養土が便利 C)Hana Uta 米沢園芸 ←管理人はこちらを使っています。

 

 

そのまま使えるので、初めて野菜を育てる方にはお勧めです。
また、新しい培養土を使うことにより、連作障害などの心配がなくなります。

 

以前に使用した古土を使いたい場合は、そのまま使うのは厳禁です。
必ず消毒をし、新たに減った分の土を足し、
元肥と苦土石灰を混ぜて使うようにするとナスも元気に育ちます。
>>ナスの連作は?

 

・植え付け
植え付けは遅霜の心配がなくなる4月下旬~5月中旬頃が適期です。

 

uetuke3

用意したプランターに、底が隠れるくらい鉢底石を入れます。

 

 

uetuke1
その上から用土を、プランターの縁から2cm~3cmほど下まで入れます。
土の表面を平らにならしたら、植え付ける苗を植え付ける場所に仮置きします。

 

複数の株を植える場合は、株間を30cmほどあけておきましょう。
植え付ける場所に、根鉢がすっぽり入るくらいの植え穴をあけます。

 

 

nasu-uetuke (3)

 

植え穴に水を入れ、染み込んだたらポットからはずした苗を入れ、
周りの土を寄せて植え付けます。

 

植え付け後は、プランターの下から水が出てくるくらいまで、
しっかりと水を与えておきます。

 

 

nasu-uetuke

やや浅植えで根鉢が見えないように植え付けます

 

 

・支柱
植え付け後、すぐに支柱を1本立てておきます。
株から少し離した場所に、支柱をほぼまっすぐに底まで挿しこみます。

 

 

yuwaku (2)
紐などを使って、支柱と苗を八の字にゆるく結んでおきます。

 

 

 

nasu-uetuke (2)

支柱の組み方例

 

縦に組む支柱の長さは、150㎝、太さは2㎝くらいが最適です。
苗が根付いてしっかりとし、一番花が咲いて着果したら、
その後に伸ばす枝のために支柱を組んでおきます。

ベランダなど風の強い場所では、支柱をがっしりと組みます。

 

支柱を組んで伸びる枝を誘引しておかないと、
実の重さで枝が下がり、病気の原因や実付きが悪くなることがあります。

 

 

sityuu

ナスの支柱の立て方例

ベランダや屋上など風が強い場所ではガッチリ組みます

 

 

・水やり
植え付け後から根付くまでの1~2週間は、あまり乾かないように注意します。
根付いた後は、土の表面が乾いたら、
プランターの底から水が出てくるまで水を与えます。

 

気温が高くなってくると、ナスの生育スピードも速くなり、
かなりの量の水を欲するようになります。

 

朝に水を与えても、夕方には乾いていることがあるので、
その場合は夕方にもたっぷりと水を与えるようにします。
>>ナス 水やりのコツ

 

・追肥
植え付けてから2週間後から、追肥を始めます。
化成肥料を与える場合は、2週間に1回、1リットルに1g与えるようにします。
液体肥料を与える場合は、1週間に1回、水代わりに与えます。
>>ナス 肥料の与え方と時期

 

・仕立て
ナスは2本仕立てか3本仕立てにします。

 

 

2honjitate

2本仕立てにする場合は、
一番花のすぐ下から出てくるわき芽を育てて、
一番花のついた主枝との2本を育てます。

 

2本仕立ての支柱、V字型に入れても良いです

 

………………………………………………………………………………

3bonnsitatezuhann

3本仕立てにする場合は、
一番花のすぐ下から出てくるわき芽と、そのさらに下のわき芽を育て、
一番花のついた主枝とで3本仕立てにします。

 

3本仕立ての支柱、交差部分は紐などで結びます

 

………………………………………………………………………………

 

2本や3本仕立てに必要なわき芽よりも、
下から出てくるわき芽は、必要のない芽です。

 

そのまま放っておくと、主となる枝が育つのに必要な養分を奪うので、
早いうちに摘んでおきます。

 

・摘芯
主枝から発生したわき芽を育て、
花芽がついたのを確認した後、摘芯を行います。

わき芽をそのまま放置していると、枝葉がどんどん増え風通しが悪くなります。

 

枝が混み合いすぎると、どこで摘心するのか分からなくなるので、
わき芽の数が少ないうちに把握して摘心するのがポイントです。
>>ナス わき芽かき 摘芯

 

・誘引
主枝が伸びてきたら、支柱に紐などを使って誘引します。
枝の誘引を怠ると、実の重さで枝が下がり、枝が折れたり、
実が土について病気の原因となることがあります。

 

 

nasu55

ナスは若採りすると、収穫総量が増えます

 

 

・収穫
育てているナスの品種によって、
基準となる大きさや長さ、開花からの期間が異なります。

 

代表的なナスの中長ナスの場合は、
10cm~15cmくらいで少し小さ目で収穫するとちょうど良いです。

あまり欲張って実を大きく育ててしまうと、株が疲れやすくなります。

 

栽培後半まで、コンスタントに収穫するためには、実を若採りして、
株をいかに疲れさせずに維持するかがカギになります。

 

 

 

昨年、ジャンボプランターで2株、2本仕立てにしたところです、大収穫でした

 

 

nasu-planter001

更新剪定すると、秋には美味な秋茄子が収穫できます

 

 

・更新剪定=切り戻し剪定 
暑さには強いナスも、日本の真夏の暑さにはバテ気味になります。
初夏頃から続けて収穫をしていると、株に疲れが出る頃でもあります。

 

無理に実付きをよくしようと肥料を与えても、
弱った株に肥料を与えると、余計に状態が悪くなることもあります。

 

そんな時は、更新剪定をして、一時養生をするのがお勧めです。
更新剪定をして枝葉を落とし、根を切ることで、
ナスは株を回復させるためにだけ力を使うようになります。

 

7月下旬~8月上旬くらいに、主枝と側枝2本を半分から3分の2くの長さに切ります。
そして、1つの枝に葉は2~3枚くらい残すようにします。

 

暑い真夏の間はしっかりと養生して力を蓄え、
秋にはまたナスを収穫できるようになります。

>>ナス 更新剪定

 

・病害虫
アブラムシ、ハダニ、ニジュウヤホシテントウなどが発生することがあります。
薬剤の散布によって防除することができますが、
発見した時に捕殺することで、薬剤を使わず被害を軽減できます。

 

また、ハダニは高温乾燥の環境になると発生しやすいため、
葉の裏側に時々水をかけてあげる(葉水)と、予防になります。

 

■ナス プランター 育て方のコツ
1.気温が上がってから植え付けるか、防寒をする
2.肥料と水は切れないようにする
3.摘芯をして風通しを確保し、収穫量を上げよう 

■参考
・ナス 種からの育て方
・ナス 地植えの育て方
・ナス プランターの育て方
・ナス 鉢の育て方
・ナス 受粉のコツ
・ナス わき芽かき 摘芯
・ナス 更新剪定

 

タグ :  

ナス 育て方

人気の記事